ブログを収益化(マネタイズ)して収入を得る方法を種類別に解説!

何らかの方法で「マネタイズ(収益化)」を行い、アクセスや信用を金銭に変換する必要があります。 一定のアクセスがあればマネタイズでき、アフィリエイト広告から自主事業への誘導など色々な方法があります。多く稼いでいる人ほど、多彩な収益化方法を組み合わせていますね。 今回は、実際にブログの収入で生活している自身が「ブログのマネタイズ(収益化)方法と、発生するリスク」について解説していきたいと思います!  

ブログのマネタイズ方法一覧!様々な収入を得る方法

広告掲載・アフィリエイトへの誘導

出典:https://www.a8.net

  ブログのマネタイズで最も定番の方法は、広告掲載をしてアフィリエイト収入を得ること!購入する動機のある見込み客さえ集客できれば、いくらでも収入につなげられます。 一定のアクセスを集めることが必須ですが、逆に影響力がなくともブログを上手く書き続けることができれば収入が得られるし、実績があれば収入が青天井になります。 アフィリエイト広告一つとっても様々な種類があり、とにかくアクセスを集めてマネタイズする方法から少ないアクセスでも高額商品を販売することで莫大な収入を得る方法も。 実際に収入を得るのは大変ですが、広告掲載自体は簡単で最もハードルが低いので、ある程度アクセスが集まったらブログの内容に見合う広告を掲載してみると吉!   ▼ブログアフィリエイトで広告収入を得る方法についてはこちら [kanren id="18708"]  

企業・個人からの純広告を掲載

  ブログにアフィリエイト広告を掲載する場合、企業との間に「ASP」と呼ばれる仲介サービスが介入しているので、信頼のない個人でも気軽に広告を扱えます。 ただ当然ですが中間マージンを抜かれてしまうので、ブログの実績があれば企業と直接交渉して「純広告」を掲載することも可能。 一般的な広告単体だと月によって成果に差が出るし、様々な外部要因によって稼げなくなる可能性があります。純広告を導入すれば、ある程度安定して成果を上げることが可能に! 広告を掲載するだけで月に数万円〜の広告費を得られることが多いですが、契約の内容によって成約地点まで全て変わってきます。難易度が高いので、いずれも上級者向き。  

オンラインサロン・コミュニティ運営

  以前有名ブロガーを中心に「オンラインサロンの運営」が流行ったことがありました。様々のノウハウをコミュニティ内で共有し、参加する際に入会金・月額金を徴収するモデルです。 オフラインでの交流を行うこともありますが、基本的にネット上のやり取りが中心になるのと「コミュニティでの交流」も価値に置かれているので労力をかけず運営することも可能。 コミュニティ自体の質を維持するのは大変ですが、何よりクローズドで濃いコミュニティを作れるのでお金以外で得られるメリットも大きいのが最大の特徴ですね! ただしサロンの運営にはネット上での影響力が必須なので、継続的に有益な情報を発信してファンを集めていく必要があります。  

Note・情報商材など有料コンテンツへの誘導

企業のアフィリエイト広告をブログ上に掲載するのではなく、自分で作った有料コンテンツへ直接誘導する方法も。当然ですが、自分で商品を売ったほうが収益率が高くなります。 少し前までは「有料コンテンツの販売=情報商材」というイメージがあり、詐欺的なコンテンツも多かったのと、販売するハードルが高かったので挑戦する人も多くありませんでした。 しかし最近は個人でも気軽にコンテンツ販売ができる「note」の登場によって、SNS上で有名になった個人でも気軽に販売できるように! 1記事100円程度から販売でき、直接課金ではなくクリエイター支援の意味で「投げ銭」システムも導入され気軽に有料コンテンツの販売・購入ができるようになりました。 当然、純広告と同じで一定の影響力・信用が必須ですが、有益な情報をネット上で発信し続けることでファンを地道に生み出せば、そこそこの収入を得られるようになります。  

YouTube・他ブログなど自主媒体への誘導

  ブログ上で何らかの広告を直接販売するのではなく、他のブログやYouTubeなど自主運営している他のメディアへ誘導することで収入を得る人もいます。 YouTube・ニコニコ動画など動画再生サービスは閲覧数によって収入が得られるので、アクセスを流した時点で一定の収入を得ることが可能。 Amebaなど無料ブログの場合、アフィリエイト広告は基本的に掲載できないが集客には向いているので、上手く運営さえできれば「集客目的」で割り切って運営するのもありかと。  

自主事業・リアルビジネスへの誘導

  特定の専門知識について発信を続けることで、ブログを経由してコンサルや講演などリアルビジネスへつなげることが可能!自身も過去に何度かブログ経由で仕事をいただきました。 実際に、アイスマン福留さんが運営するコンビニアイスのレビューサイト「コンビニアイスマニア」では、有益な情報を発信しているうちに大手企業のイベントに呼ばれるようになったそう。 基本的にブログへのアクセスは不安定なことが多いですが、自分のビジネスへつなげることで収入源を分散しつつ継続的に大きな収入を得られるようになります。  

ブログでマネタイズするにあたっての注意点やリスク

一定のアクセスがあるブログを上手く使えば、いくらでも収益化できます。マネタイズ方法も様々ですが、収益化によるリスクも当然存在します。 ここでは、アクセスのあるブログを収益化することにより発生するリスクや収入を得るにあたっての注意点について紹介しておきます。  

収益化が可能(営利目的の使用可)なブログでないと稼げない

まず第一に、当然ですが営利目的で運営できるブログでないと収益化できません!無料ブログで有名な「Amebaブログ」は、基本的に営利目的の使用は禁止なので広告掲載は不可。 もちろんマネタイズの手法を変えれば間接的に収益化することは可能ですが、手段が大きく限られてしまうので最初から収益化する目的であれば、別のブログを使用したほうがいいでしょう。 集客だけなら一応は問題ないので、利用する場合は集客用と割り切って別媒体での収益化をするようにしましょう。  

アクセスがない状態でマネタイズしても収入にはつながらない

アフィリエイトの手段によっては、少ないアクセス数でも購買意欲のある見込み客にリーチできれば大きな収入を得られます。 ただ当然ですが、最初からアクセスがなければどれだけ頑張ってもマネタイズできません。何より人を集めることが重要。 ブログへのアクセスがあれば、工夫次第でどんなマネタイズの方法で収入につなげられるので、これからブログを始める場合は「アクセスを集めること」に全身全霊を注ぎましょう!   ▼ブログでアクセスアップを行う方法はこちら [kanren id="18932"]  

マネタイズを行うことがファンが離脱する可能性

最後にブログ上でマネタイズを行うことのリスクですが、収入がメインではないブログで過度にマネタイズを行いすぎると、ファンが離脱してしまう可能性があります。 運営目的によってマネタイズの手段を決定すべきですが、もし「収入ありきではなくて、日記ベースで楽しんでもらう」ブログを目指すなら、焦ってマネタイズに走るべきではないかと。 有名ブロガーのなかにはファンを維持しつつ上手くマネタイズにつなげている人も多いので、適度に収入には関係ない記事を織り交ぜつつブログ運営していきましょう。  

おわりに

というわけで、今回は「ブログでマネタイズ(収益化)する方法と、マネタイズすることでの注意点・リスク」について解説してみました! ブログはあくまで媒体なので、アクセスさえ集められれば様々な方法で収益化できます。方法も人によってバラバラなので、非常に面白いです。 基本的には上記の方法でのマネタイズを検討しつつ、ネット上で有益な情報を発信してファンを継続的に獲得し常に収益化の探っておくと、長期的な収入やライバルの差別化につながります。   ▼収入を得られるブログの運営方法はこちら! [kanren id="20337"]]]>