ルアー釣りをする人の間では、特に人気の「シーバス(スズキ)」。東京湾・大阪湾など都会を中心に様々な場所で釣り上げられますよね。

都市部の河口・運河で釣れるシーバスの大半は非常に臭く、美味しくないイメージがあるので大半の人はリリースしてしまうと思います。

しかし!本来は高級魚として扱われているスズキ。回らない寿司屋で出てくるぐらいなので、本来のポテンシャルは高いはず!

そこで今回は、「イメージは悪いがきっと美味しいはず!」という検証を行うべく、実際に釣って食べてみたいと思います!

 

シーバスを神戸港で調達して実際にいただく

 

「都会の湾奥で釣れたシーバスを実際に食べる検証」を行うべく、早速釣ってまいりました!場所は釣り場として有名な神戸港です。

シーバスは特定の場所に「居付く」タイプと、餌を求めて「回遊」するタイプがいるらしく、前者は臭いがキツく食べられそうにないんだとか。

一方、後者は特定の場所に居つかず、水の綺麗な場所にいることが多いため臭みがなく非常に美味しいそう。

 

今回、魚を仕入れた「神戸港」は居付き個体が大量に生息していることで有名であり、魚体の色がくすんでいる点から見ても、居付きであることは明らか。

釣った瞬間には強烈な臭いがしたので、最初は「持って帰って大丈夫か・・・?」と思ったんですが、どうしても味わってみたかったので持って帰ることに。

寄生虫などが非常に心配ですが、料理を工夫すれば食べられるでしょう!ということで、実際に捌いて調理していきましょう!

 

シーバス(スズキ)の調理(刺身・天ぷら)

 

早速シーバスをいただくために、3枚おろしに。釣った瞬間は強烈な臭いがしたんですが、血抜き&活け〆をして持ち帰ったところ、臭いがなくなってました。

「魚は内蔵・皮が臭い」とはよくいいますが、それらを取り除くと臭いがなくなるのだろうか・・・?謎です。

 

 

釣りたての状態だと身に水分が多く、臭いの元となる成分も混じっているので、キッチンペーパーにくるんで余計な臭いを取り除いておきます。

スズキといえばお刺身・塩焼き・カルパッチョなど「白身」であることをいかした料理が定番ですが、臭みの個体だと当たらないか心配になります。

しかーし!今回の目的はあくまでも検証にあり!必要なら寄生虫ごと生で食っちまうノリで、お刺身・天ぷらにしていただくことにします!!!

 

シーバスのお刺身

 

シーバスのお刺身をいただくべく、早速サクを切ってお刺身にしてみました。白身魚であることはわかっていたけれど、ここまで純白だとは・・・!

この段階で臭いをかいでも「ゲロの臭い」などは特にしませんが、果たしてお味のほどはいかに・・・?

 

 

白身魚の風味・・・(ともしかしたらゲロの味)を最大限に味わうべく、醤油・わさびともに控えめにつけていただきます。

 

・・・

・・・

・・・

 

 

 

モグモグ・・・。

モグモグ・・・。

モグモグ・・・。

 

 

むむっ!!!!!

 

な、なんだこの味は・・・。

 

 

 

まったく臭みがないどころか、

もっちもちでめちゃくちゃ上品な味

やないか!!!ほんまにこれ、都会の魚かー!!!

 

 

とてもじゃないが、「神戸港で釣ってそのまま持ってきました」とは想像も付かない味です!えええ、シーバスってこんな美味かったんか・・・。

「シーバスは臭いから持って帰らない」という話を聞きますが、ここまで美味しいと「なんでみんな持って帰らないの?アホなの?」と突っ込みたくなるレベル。

 

 

盛り付けから写真の撮り方まで微妙すぎて申し訳ないんですが、そもそも見た目からして「美味しそう感」しかありませんよね。

ここでふと、思いました。「これほど臭みがない白身であれば、天ぷらにするとめちゃめちゃ美味いんではないか?」と。

というわけで、早速作ってみましょう!

 

シーバスの天ぷら

 

白身魚の代表的な料理といえば、「天ぷら」。こちらもシンプルな味付けでいただくため、臭みがあるととても食べられたもんじゃありません。

しかし、刺し身で全く臭みなくいただけたのであれば、天ぷらにすると激ウマなはず。これは期待がもてますね!

料理法は一般的一般的な天ぷらと同じで、水溶き小麦粉と卵を使って油で揚げていきます。もちろん、天ぷら粉を買っても作れますよ。

 

 

身を揚げているところ。

 

 

数分後、シーバスの天ぷらが完成しました!ちょっと油の量が少なかったのが原因か、きつね色になって唐揚げっぽくなってますね。(笑)

 

 

味付けはシンプルに天つゆのみ。早速、シーバスの天ぷらをいただいてみたところ・・・。

外はサクッと、中はふわふわ!全くクセがなく、噛んだ瞬間に旨味(肉汁?魚汁?)があふれてきて、激ウマだー!!!

お刺身のほうがダイレクトにシーバスの旨味を味わえて大好きでしたが、天ぷらも半端じゃない美味しさ。なんでこれ、こんなに美味いんや・・・。

 

結論:都会で釣れたシーバスでも下処理さえ行えば激ウマ

というわけで、今回は「都会の河口・港湾で釣れたシーバスって美味しいの?クッソまずいんじゃないの?」という検証を行ってみました。

実際に食べてみると、「都会のシーバスは不味い」という噂を200%いい意味で裏切り、超激ウマでした!こんな美味しい魚、久しぶりに食べたわ!

釣り上げた当初は非常に臭く、若干薬品臭もしたため「本当に食べて大丈夫か?病院送りになったりしないか?」と思ったんですが、杞憂に終わりましたね。

 

もちろん、釣り上げてからの活け〆、血抜きなど「下処理」が重要となり、下手な方法で処理すると生臭い状態でいただくことになります。

逆にいえば、都会で釣ったシーバスでも釣り上げた直後に血抜き&活け〆、すぐに氷をはったクーラーにぶち込めば非常に美味しくいただけます。

めちゃくちゃ美味しいので、日頃からシーバスは釣っているが持ち帰るのを避けている方がいたら、ぜひチャレンジしてみてください!

 

参考記事【危険】湾奥のチヌ(クロダイ)って美味しいの?実際に釣って検証してみた

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事