潮流が非常に早い、明石海峡の少し沖合にある「垂水一文字」。周辺の釣り場の中で随一の魚影の濃さで、ブリ・サワラ・マダイ・マグロの幼魚まで狙うことが可能!

秋のハイシーズンになると、明石海峡周辺の堤防は大混雑しますが、垂水一文字は渡船を利用するため釣り人が少ないのもメリット。

沖堤防なのでトイレ・自販機などの設備は当然なく、激流を攻略するためには専用道具が必要など上級者向けですが、大物を釣りたいなら訪れて損はありません。

 

ルアー釣り
エサ釣り
ファミリー向け
トイレ 渡船内にあり
釣具店 フィッシングマックス垂水店
駐車場 あり
料金 大人2,000円

垂水一文字の釣りポイント

 

垂水一文字は、垂水漁港内にある「垂水一文字船長丸」から渡船に乗船し、数分で到着します。船着き場が2箇所あって、どちらかを選ぶ形になります。

明石海峡大橋側の赤灯台と、東側白灯台に分かれています。赤灯台側は手前にテトラがないのでルアー向き、白灯台は潮流のうねりがあるため、エサ釣りに向いています。

それぞれで特徴が異なるので、一つずつ解説していますね。

 

西側赤灯台(明石海峡大橋側)

 

明石海峡大橋を目の前にしながら、釣りを堪能できる西側赤灯台。海峡に近いため非常に流れが早く、目の前で潮のウネリを確認できるほど!

垂水一文字の沖向きは全体にテトラが入っているんですが、赤灯台周辺はテトラがないため、万が一大物を掛けても簡単に取り込めるので、ルアーマンに人気です。

沖向きは小潮でも一度潮が流れ出すと、100gのジグや30号以上の重りでは底が取れなくなってしまいます。専用の道具がないとお祭りを連発するので、要注意!

 

 

西側灯台の先端付近から東向きを眺めた画像。途中からテトラが入っていますが、周辺は潮が当たってうねりが発生し、小魚を追いかける青物の姿が確認できることも。

 

 

西側灯台の周辺だけ内向きが広くなっており、かなりのスペースに。堤防の範囲が狭まった少し先が西向きの船着き場になっています。

 

 

西側灯台内向き、目の前はマリンピア神戸です。すぐ漁港があるため水道状になっていて、沖向きと同様に非常に潮流が早く、あっという間にルアーが流されます。

内向きで釣りをしている人はほとんど見かけませんが、状況によっては青物の大規模なナブラが発生することもあるので、常にチェックしておきましょう。

 

東側白灯台(垂水漁港側)

 

続いて、西側堤防の途中から垂水漁港側・東向きの白灯台先端まで紹介します。沖向きは灯台先端までテトラが入っています。

テトラのサイズは小さく、高さもないので移動しやすいです。西向きの先端付近は混みますが、場所取りが難しければ、こちらから竿を出しても問題ないかと。

垂水一文字から良型のグレが釣れるので、こちらはエサ釣り師やクロダイ狙いの前打ち釣り師に人気です。春先ならルアーで30cmのメバルが釣れることも!

 

 

堤防の中央付近からテトラの入り方が変わり、丸型かつ斜めに入っているため足場が非常に不安定になります。転倒に要注意!

写真左側には白灯台側の渡船発着場が見えます。赤灯台周辺には10人以上釣り人がいましたが、広いテトラ帯では数人しか確認できなかったので、意外と穴場かも。

 

 

対岸には垂水漁港が見えます。

 

 

東側白灯台周辺。途中から堤防がカーブしていて、潮流のうねりが発生します。青物はもちろん、グレ釣りにも向いていそうです。

ルアー釣りしかしないので赤灯台でしか竿を出したことがないんですが、こちらの白灯台先端付近・カーブ付近でも青物を中心に様々な魚を狙えそうです。

 

 

東側堤防のカーブ付近から、西側赤灯台を眺めた映像。他の釣り場と比べて混雑することがないので、テトラ付近でも良ければいついってもポイントに入ることができますよ。

 

垂水一文字の釣り映像(GoProにて撮影)

 

垂水一文字で釣りをしてみた様子(ショアジギングでの青物狙い)をアクションカメラの「GoPro HERO7」を使って撮影してみました!

ぜひ釣りの参考にしてみてください。

 

垂水一文字の渡船・アクセス紹介

垂水一文字の設備情報など

垂水一文字は渡船利用の沖堤防になるので、途中で食料の調達ができません。JR垂水駅周辺には何箇所かコンビニがあるため、必ず事前に調達しておきましょう。

垂水漁港周辺には何箇所か自販機が設置されているので、飲料だけなら直前調達もできます。漁港には公衆トイレもあるので、あらかじめ行っておきましょう。

沖堤防には当然トイレなどもありませんが、渡船に設置されているのと、急用の場合は電話で呼べば来てくれるので要チェックです。

 

渡船情報:垂水一文字船長丸(海進丸)

垂水漁港と垂水一文字をつなぐ唯一の渡船「垂水一文字船長丸(海進丸)」

 

垂水一文字へは、垂水漁港内にある「垂水一文字船長丸(海進丸)」を利用して渡ります。現状、利用できる渡船はここのみとなります。

普段は土日のみの営業となっているんですが、秋のハイシーズンのみ、毎週水曜日の定休日を除いて毎日運行しています。最新釣果情報は「釣果.jp」で要チェック。

始発が午前6時(季節によって変動あり)で、帰船時間は最終17時まで、昼休みの12時〜14時以外で受付時に指定して来てもらう形となります。

 

出典:釣果.jp

 

渡船の運行情報なども上記で確認できるので、「釣行日に運行しているか?」を確認するため必ずチェックしておきましょう。

渡船の船着き場は、白灯台側・赤灯台側の二箇所。秋のハイシーズンになると一番船は釣り場の争奪戦になるので、覚悟しておきましょうw

 

アクセス方法・駐車場の有無

 

垂水一文字の渡船屋周辺には水産開館の広い駐車場があるため、車での釣行時も安心。営業時間は6時〜23時で、1日利用で600円で使用することができます。

 

 

JR垂水駅から徒歩5分の位置にあるため、電車釣行もおすすめです。他の釣り場と比べて、電車で通われている方が多い印象があります。

 

 

渡船の乗り場は少しわかりづらく、初めてで早朝の釣行だと迷ってしまうかも。垂水駅より南下し、漁港の東側に乗り場が存在します。

 

 

垂水一文字の漁船乗り場。奥に受付があるため料金を支払って乗り込みます。早朝だと明かりが付いているため、近くまで来れば場所を把握できます。

 

おわりに

▼兵庫県内で釣りができるスポットを下記に全てまとめてみました!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事