2018年8月23日、および9月4日に関西方面で発生した「台風20号・21号」の影響で、壊滅的な被害を受けてしまった須磨海釣り公園

釣り桟橋が大きく崩壊してしまい、現在は「当面は臨時閉鎖中」「再開は未定」というかなり深刻な状況になってしまっています。

11月24日時点でも「閉鎖中」となってしまっているため、釣り公園で竿を出したい方は部分閉鎖だけで営業中の「平磯海釣り公園」へと移動しましょう。

 

【被害状況】台風20号・21号の須磨海釣り公園への影響

出典:海づり公園スタッフブログ

 

今回の台風20号・21号の影響で、兵庫県内の多くの釣り公園が被害・閉鎖へと追い込まれてしまいました。

周辺だけでも尼崎市立魚釣り公園(現在も閉鎖中)、鳴尾浜臨海海釣り公園(11月21日に部分再開)、平磯海釣り公園(部分開園中)など。

須磨海釣り公園は海上へ400mも突き出ている影響で、台風の影響をモロに食らい、写真のように桟橋自体が大きく崩壊してしまっています。

 

 

須磨海釣り公園は前回の台風で被害が出て復旧中・・・という状況で、追い打ちをかけるように台風20号・21号の被害に遭ってしまいました。

ただでさえ開園から40年・・・ということで老朽化が激しいのに、ここまで被害が出てしまっては、果たして再開できるのかどうか?さえわかりません。

ホームページでも「再開の目処は未定」と記載されているので、少なくとも2018年中の再開はなさそうですし、2019年中に開園するのかどうかも不明です。

 

 

台風被害を受けた須磨海釣り公園の再開はありえるのか!?

須磨海づり公園はオープンから40年以上が経過。桟橋の老朽化が進んでいたため、改修の必要性を検討しようと劣化程度の調査を進めていたさなかだった。同市農水産課の担当者は「当初の見立てより被害が大きそう。修理で済むのか大規模な改修が必要になるのかまだ分からない」と話す。

出典:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/0011599325.shtml

 

上記の神戸新聞NEXTの記事によると、「オープンから40年以上が経過したため、改修の是非を検討していたところで被害に遭った」とのこと。

被害状況が大きすぎて「そもそも復旧が可能なのか!?」すらわかりませんが、再開する方向で動いてはいるようです。

神戸の釣り人にとって須磨海釣り公園は「長年寄り添った憩いの場」であり、自分自身も小学生の頃から通っている釣り場なので、なんとか復旧してほしいところ・・・。

 

 

再開に関する情報は11月現在で一切出てきていませんが、当サイトでも最新情報を発見次第、臨時更新してまいります。

1日も早い復旧を心から祈っております・・・!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事