メバリングをしていると、ショートバイトが連発して針に掛からない!ことが良くあります。アジングなどライトゲーム全般に言えることですが、活性の渋い状況だとなかなか食い込みません。

特にメバルの場合はアタリだけあっても上手く掛からないことが多いんですが、最大の原因は「メバルの習性」にあります!

今回は、メバリングでショートバイトが多発して上手くフッキングができない場合の対処法と、最大の原因について紹介していきたいと思います!

 

【大前提】フッキングミスの理由は吸い込んで捕食するから

 

メバルは他の魚種と異なり、餌を捕食するときにしばらく追尾したあと「餌だ!」と判断してから吸い込みます。なので、ラインを少し送り込まないと掛からないことがしばしばあります。

大型個体に限って「これはアタリなのか?」と判断に悩むほど微妙なアタリであることも。渋い時はこれ以上食い込まないので、微妙なアタリを積極的に掛けていく姿勢が必要です。

アクションなど細かいテクニックは必要ありますが、アタリを感知してからのフッキングに関してはなかなか難しく、慣れないと「アタリはあるのに乗らない!」という自体が連発します!

 

メバルのアタリを確実に感知して掛けるには、「モゾモゾとしたアタリを判別する感度」、そして「メバルに違和感を与えず、即座にフッキングできるロッドの性能」が必要です!

特にティップが硬いロッドだと、アタリを弾いてしまい掛からないこともあります。ブラックバス用などのロッドも流用できますが、使いにくいのはこれが理由です。

メバリング用として「ソリッド」「チューブラー」と2種類の性質を持ったロッドが販売されており、それぞれフッキング方法が微妙に異なります。まずはそれぞれの方法から解説します。

 

竿によってフッキング方法を変える

チューブラ:アタリを感知して即フッキング

一般的なロッドと同じくティップ(穂先)が中空になっており、バットからティップまで同じ素材でできているロッド。メバリングでは万能的に使えるロッドとして使用されています。

メバルの渋いアタリも察知する感度があるかわり、硬いロッドだと弾いてしまうことも!このロッドを使うなら、確実にメバルが食らいついたタイミングで掛けていく積極的が必要になります。

大型サイズ相手なら有利ですが、漁港エリアで20cm以下のメバルを狙うには不向きです。どうしてもフッキングミスが連発するなら、別のロッドを検討したほうがいいかも。

 

ソリッド:巻きながらゆっくりフッキング

ティップ部分のみ別の素材でできており、非常に柔らかく超先調子のロッド。メバリング用ロッドのなかでは定番で、特に小型サイズを狙うときに有利です。

メバルのアタリがあっても違和感を与えず、向こう合わせで勝手にフッキングしてくれます!下手に自分からアワセず、巻きながらゆっくりフッキングすればガッチリ掛かります。

慣れれば渋いアタリを感知して自分から掛けられるようになりますが、どうしてもフッキングミスが連発するならソリッドティップタイプのロッドをおすすめします。

フッキングミスが非常に少なくなるため、特に渋いシチュエーションで大活躍しますよ。

 

渋い状況では少しラインを送り込んでフッキング

「アタリがあっても、どうしても乗らない!」というときは、このまま即合わせしても尻尾部分しか食っていないことが多く、掛かりません。

渋い状況では少しラインを送り込んでフッキングを決めると、確実にフック部分まで食い込むため掛かることが多いです。1秒程度送り込むだけでOK。

春・秋など高水温期はそれほど気にしなくてOKですが、真冬など低水温期にはラインを送り込まないと掛からないことがよくあります。渋い状況下ならこのテクニックを使ってみましょう。

 

アシストフックを使用してフッキング率を向上

 

どうしてもショートバイトが連発する場合は、ワーム専用のアシストフックを使用するのもアリです!ワームのテール部までしか食い込まないメバルでも釣れるようになります。

ただワーム全体のシルエットが崩れてしまうのと、フックだけが切れてせっかくのメバルを逃してしまうこともあるので、対象が小型メバルであるときに限定しておきましょう。

アジングならまだ使えますが、メバルは20cmを超えるとパワーが強烈になり切れてしまうことも良くあるため。

 

最後に

というわけで、今回はメバリングでショートバイトが連発して掛からないときの対処法について紹介してみました!

メバルの性質上、どうしてもアタリだけあっても乗らない自体が連発してしまいます。上手く対処することで高い確率で掛けられるようになるので、ぜひ試してみてください!

 

▼メバリングの基礎知識・具体的なタックル・アクションについてはこちら!

スポンサードリンク












釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事