ショアジギングは、巨大青物を釣り上げるために高重量のルアーを100m以上遠投してシャクリ続ける釣りです。他と比べても、ある種「特殊な釣り」の部類になります。

ルアーを大遠投するため、そして青物の引きに耐えるためにはロッド・リールともに専用の道具を使う必要があるんですが、様々なメーカーから製品が発売されていてどれを選べばいいかわからない!

そこで今回は、ショアジギング専用ロッドの選び方とおすすめ製品を徹底解説していきたいと思います!この記事を読めば、ロッドの選び方に関して十分知識が付くはずです。

 

▼ショアジギング専用のリールはこちら

 

ショアジギング専用ロッドの選び方:剛性を重視

 

ショアジギング専用ロッドを選ぶ際、一体どのような項目を重視すればいいのか?大手メーカーのダイワ・シマノ意外にも、様々なメーカーから発売されているので迷いがち。

専用ロッドの一番の特徴は、ルアーを遠投するために性能が特化していること。バットからティップにかけて、ブランクスのブレが非常に少なく設計されているんです!

もちろん、対象魚種であるブリやヒラマサの突っ込みにも耐えられるようバットパワーも大幅に強化されています。小さめのマグロなら、十分やり取りできるレベル。

あとは、重いルアーをシャクり続けるために、脇にロッドを挟んで固定できるようグリップエンドが長くなっている・・・などの特徴もあります。

 

ショアジギング専用ロッドに求められる性能
  1. 60g〜120gのルアーをフルキャストできる強力なブランクス
  2. ブリやヒラマサの突っ込みにも耐えられるバットパワー
  3. 負荷が少ない状態でシャクリ続けられるロッドエンドの長さ

 

ロッド選びに役立つ3つの選び方

 

各メーカーから様々なショアジギングロッドが発売されていますが、メーカー以外にも竿の固さ・長さの違いなどがあって、最初は選択に迷うと思います。

そこで、3つの選択基準をピックアップして、最適なロッドを選べるようにしてみました!下記のなかから、自分の釣りに最適なロッドを選べばOKです。

 

ショアジギング専用ロッドを購入する際に検討すべきこと
  • 各メーカーごとの作りの違い
  • ロッドの長さ(9ft・9.6ft・10ft・10.6ft)の違い
  • ロッドの固さ(M・MH・H・XH・XHH)の違い

 

各メーカーごとの作りの違い

 

どんなロッドでもそうですが、各メーカーごとにこだわる点や自社釜製造(OEMではなく自社製造)かどうか異なるので、竿の作りが変わってきます。

初心者向けの1万円〜3万円前後のロッドに関しては、特徴も似通っており中国産のブランクスを使っていることも多く、それほど違いはありません。

シマノは表記よりも柔らかめ、一方ダイワは固めなど多少の違いはあるものの、3万円以下のロッドは外れが少ないので、自分の気に入ったメーカーを選べば大丈夫です!

 

ロッドの長さ(9ft・9.6ft・10ft・10.6ft)の違い

 

この釣りは何より「飛距離重視」なので、最低限のロッドの長さがなければ遠投することができません。そのため、基本的には長めのロッドが使われます。

各メーカーごとに様々な種類を用意していますが、おおまかに下記の長さを使うのが一般的です。

 

ショアジギング専用ロッドの一般的な長さ
  • 9ft
  • 9.6ft
  • 10ft
  • 10.6ft
  • 11ft以上

 

この中でも特に使われるのが「9.6ft・10ft・10.6ft」です。短すぎると遠投できないし、一方長すぎるとルアーを扱いづらく、特にジグ中心に使う場合はすぐに疲労してしまいます。

使うシチュエーションによっても最適な長さが変わってくるんですが、足元にストラクチャーが多い釣り場では長めのロッドを選択しないとラインブレイクする危険性があります。

一方で防波堤がメインであれば、操作性を考えて9ft前後の長さでも問題ありません。多少飛距離が犠牲になりますが、釣りを続けられなければ元も子もないので短めのほうが有利です。

もしこれからショアジギングを始めるのであれば、あらゆるシチュエーションで使える「10ft」前後の長さがおすすめ!飛距離・操作性ともに何かと融通がきくので、万能的に使えます。

 

ロッドの固さ(M・MH・H・XH・XHH)の違い

 

自分が投げたいルアーの重量、対象魚種のパワー、釣り場によって最適なロッドの固さも変わってきます!特にショアジギングの場合は対応する重量によって狙えるポイントも変わってくるので、慎重に選びたいところ。

 

ショアジギング専用ロッドの一般的な硬さ
  • M(〜60g)
  • MH(〜80g)
  • H(〜100g)
  • XH (〜120g)
  • XXH(〜150g)

 

Mサイズはショアジギングではなく「ライトショアジギング」の部類になるので、メインの固さは「MH・H・XH・XHH」となります。

MHは〜80g程度がメインなので、ライトよりの扱い方に向いています。特に大型青物だとパワーが足りず取り込めないケースもありますが、重量が軽いので初心者でも扱いやすいです。

本格的なショアジギングだとH〜XHHがメインとなりますが、XH・XHHは用途が限られるため「H」が最も入門に最適です!40g前後から100gのメタルジグまで投げられるので、万能的に使えます。

 

どのメーカーを選ぶ?予算別のおすすめロッド紹介

 

次は、いよいよおすすめのショアジギング専用ロッドを紹介していきます!予算別にまとめているので、財布と相談しながら選んでみてください。

ただ、この釣りは他と違って「安物だと最低限の剛性すら満たしておらず、破損する危険性が高い」という特徴もあるので、予算が許す限り上級グレードのロッドを購入するのが一般的です。

防波堤がメインであればシーバスロッドでも大丈夫ですが、地磯や離島遠征まで視野に入れるなら「最低2万円以上の中級ロッド」が必要となるので、注意してください!

 

1万円台で購入可能!入門用のショアジギングロッド

ダイワ ジグキャスター

 

ダイワが発売する、初心者向けのショアジギング専用ロッド。1万円弱という非常に安価な価格で購入でき、堤防からのショアジギングなら問題なくジグを遠投できます!

この価格帯なら当然といえば当然ですが、竿先に「Sicガイド」を搭載しているためPEライン使用時の糸絡みを減少。

ブランクスはただのチューブラ素材が中心で、強化素材は使われていないためにキャスト時の「ブレ」があることは否めないですが、お試し程度なら問題なく使えます。

 

シマノ コルトスナイパー BB

 

ショアジギングには定番中の定番である「シマノ コルトスナイパー」の入門用モデル。ダイワ製よりはやや価格が高いものの、十分な性能差があります。

ブランクスには「ハイパワーX」というキャスト時のブレを抑える独自の機構を採用しており、以前のモデルと比べてジグの飛距離が向上しています。他にも、糸絡みを抑える「Kガイド」を搭載。

こちらも地磯などの使用は心細いですが、堤防からショアジギングをするなら十分な性能を有しています。予算が許すなら、入門用としてはこちらのモデルがおすすめです!

 

メジャークラフト クロステージ ショアジギングシリーズ

 

ソルトルアーには定番である「メジャークラフト クロステージシリーズ」のショアジギングモデル。

そもそもこのメーカーは本格的なショアジギング用ロッドを販売していないため、あくまでもライト寄りの釣りが前提になるんですが、モデルによっては80g+α程度まで投げられるものも。

ブランクスには「クロスフォース」と呼ばれる強化機構を採用しており、中型青物までなら問題なく使えます。本格的なショアジギングを目指すなら別途竿を買い足す必要があるものの、入門用途なら使えるかと!

 

コスパ良し!中級者向けショアジギングロッド

ダイワ ジグキャスター MX

 

ダイワ ジグキャスター入門用モデルの上位機種。

ブランクスに「HVFカーボン」を採用、さらに「X45」という独自機構を採用し、フルキャスト時のブレを軽減したモデル。

価格的にも2万円を切ることが多く、入門モデルを購入するならこちらのほうがおすすめ!中型青物狙いであれば、一応磯などハードなポイントでも使えます。

 

シマノ コルトスナイパー

 

ショアジギングには定番の「シマノ コルトスナイパー」シリーズ。入門用モデルと比べて、さらに「スパイラルX」構造を採用することでキャスト時のブレを大幅軽減しています。

実際にS1000Hモデルを使用していますが、80g〜100gのジグを「バシュッ!」と気持ちよく振り抜くことができます。全くブレがないので、初心者でも向かい風でなければ100mの遠投が可能。

ジグキャスターMXに比べてやや価格が増すものの、全体的な性能も高いうえ、ライトな用途からかなりヘビーな用途まで扱えるよう様々なモデルが用意されているので、予算が許せばこちらのほうがおすすめ。

 

▼「シマノ コルトスナイパーS1000H」の実釣レビューはこちら!

 

上級者向け!本格的な高級ショアジギングロッド

ダイワ ショアスパルタン

 

ダイワの中でも最上位グレードの「ショアスパルタン」。対大型青物を前提に設計されていて、磯場で大型ヒラマサの突っ込みにも耐えられるよう「XXH」のモデルも用意されています。

ジグキャスターMXの「X45」「HVFカーボン」に加え、「3DX」という竿の補強構造を採用しており、すぐ足元で魚が突っ込んだとしても強引に寄せられる高弾性仕様となっています。

特にパワーのあるH以降のモデルは、持った瞬間に明らかにズッシリしており使用者側のパワーも求められますが、本格的に青物を釣りたいならぜひ導入したいですね。

 

シマノ コルトスナイパーエクスチューン

 

シマノ コルトスナイパーシリーズの最上位モデルで、竿のブレを徹底的に排除した「スパイラルX」「ハイパワーX」に加え、軽量かつパワーもあるという相反した性能を持つ「マッスルカーボン」を採用

合計で3つしかモデルがないなど明確なコンセプトを持って作られており、シマノが想定するシチュエーションに使用環境がマッチするなら最大限の性能を発揮できます。

ダイワが「パワーで強引に魚を獲るモデル」に対し、シマノは「比較的柔らかめで、竿の性能を生かして突っ込みをかわす」イメージです。

 

おわりに

というわけで、以上「初心者から上級者まで!ショアジギング専用ロッドの選び方とおすすめ製品」についてお届けしました!

高価なタックルも販売されていますが、性能を向上させるほかにも「見栄」を重視する・・・という理由もあると思うんですが、ショアジギングの場合はそうはいきません!

そもそも、ハードなシチュエーションでは安価なタックルだと必要な耐久性がないために、せっかく大物を掛けたのに破損してしまうという事故も実際に多く発生しています。

「安物買いの銭失い」にならないためにも、財布と相談しつつ自分の使用シチュエーションで使えるグレードのタックルを購入してみてください!

 

▼ショアジギングの基礎知識・具体的なタックル・アクションについてはこちら!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事