回遊次第で爆釣することもあれば、一日中なんの反応もないこともある青物狙いのショアジギング。

船からの釣りであれば、魚探を使っていくらでもサーチできます。しかし陸からだと青物の居場所を直接突き止めることは難しく、ほとんど博打に近いのが事実。

基本的に青物が釣れない場合は「釣り場への回遊がない」ことが大半ですが、もし釣れなかったとしてもいくつか対処法があります!実際にこれらを使って、なかなか釣れない状況を打破したこともあります。

今回は、ショアジギングをやっていて青物が釣れないときの対処法を紹介していきます!

 

ショアジギングで青物が釣れない時の対処法

ショアジギングで青物が全く釣れない場合、一体どのような原因が考えられるのか?

シーバス・エギングなどテクニックが重要な釣りの場合は、障害物のキワにルアーを届けられていない、シャクリのタイミングがおかしいなどの理由も多いと思います。

一方、青物に関しては多少雑なアクションでも食ってくることが多い一方、環境の変化に敏感なため小手先のテクニックを変えただけでは反応が得られないケースが多いです。

 

【ショアジギングで青物の反応がない原因】

  • 釣り場への回遊そのものがない
  • 潮流の動きがないため活性が低い
  • 特定のアクションのみ反応する

 

これらの状況を打破するため、実際に活用して結果を出している対処法を紹介していきたいと思います。

 

潮の動き出しタイミングを狙う

 

ショアジギングで釣れない場合に一番試していただきたいのがこれ。仮に釣り場への回遊があったとして、潮の動きで極端に食い気が変わる魚なので、潮回りの悪いタイミングでは一切口を使わなくなることも。

大抵の釣り場では、潮止まり状態になるとピタッと食いが止みます!しかし潮止まり中は一切アタリがなかったのに、休憩していると動き出したタイミングでヒット!という場面に何度も遭遇しています。

よく、海釣りのコツとして「上げ三分・下げ七分(干満のタイミング)」と言われていますが、この時間の他に潮の動き出すタイミングが特に釣れるため、集中して狙うことが多いです。

 

当然ですが、そもそもショアジギングには干満差をリアルタイムで見られる「タイドグラフ」が必須なので、ぜひ冊子を手に入れるか専用アプリをインストールしておきましょう。

 

 普段から潮の流れが非常に早いエリアでは、逆に潮止まり前後にバタバタと釣れるケースもあります。この場合は潮止まり中が最もチャンスとなるため注意です。

 

スローアクション・高速アクションを試す

▲スローアクションに特化した「ショアスロー仕様」のジグ

 

続いて小手先のテクニックになりますが、通常のアクションでは反応がなく、特定の動きにのみ反応するシチュエーションもあります。

特にお昼前後だと大型魚の活性が上がるんですが、これらの魚は高速アクションを嫌うために通常の動きでは反応が得られるないことがあります。

堤防に座りながらでも構わないので、通常よりスローなアクションで探っていると、突然「ゴン!」と竿がぶち曲がることも。大型魚ほど有効です。

 

逆に、ツバスなど小型魚ほど高速アクションを好みます。この場合も、反応がなければ超高速>高速>低速>超低速と色々なパターンを試して魚の反応を探るのもあります。

もし釣り場で自分以外の特定の釣り人だけ爆釣している場合、アクションもしくは狙う層がシチュエーションにハマっている場合が高いので、ジックリ見ながら真似すると美味しい思いができます。

 

手前までキッチリ探る

▲ジグ以外、プラグを使うのも有効

 

ショアジギングに慣れた人ほど、「手前までキッチリ探る」という当然のテクニックを怠ってしまうことがありますが、状況によっては堤防から20m以内でやたらとヒットすることもあります。

初めて挑戦したとき、回りは一切釣れていないのに一人だけツバスを爆釣したことがありました。最初はビギナーズラックだと思ったんですが、やたらと手前で釣れるわりに他に人は一切狙っていないことが判明。

メタルジグはその形状から距離が近くなると水平に引けず、水面から飛び出す可能性が高くなるので扱いづらいんですが、手前からドン深になっている釣り場ほど意外にヒットするケースが多いです。

 

この釣りは遠投が前提となりますが、意外と足元までしっかりチェックすることで意外な魚がヒットすることもあります。困ったときほど、基本に立ち返ることが重要です。

 

釣れるまで竿を降り続ける

 

たくさんの青物を釣っていくうち、極論ですが最も釣れるコツは「ヒットするまで竿を降り続ける」ことだということに気づいてしまいました。(笑)

他の魚でも同じではないのか?という意見もあるかと思います。しかし、釣り場にターゲットが確実に存在すると仮定した場合、投げるたびに魚へプレッシャーを与えてしまうため釣りづらくなるのが普通。

一方、青物が釣れない理由は「魚がいるがルアーへ反応しない」のではなく「そもそも届く範囲に魚が存在していない」ことが大半なので、回遊があるまで粘り続けるのが正解です。

 

しかも最終的に回遊があるかどうかは魚の都合によって決まるので、人間側からは推測はできても当てることは不可能。本気で釣りたければ「休憩せず竿を振り続ける」のが正解になります。

ある意味で過酷な釣りですが、潮流の動きからおおよその見当をつけることは可能なので、事前に潮の動くタイミングをチェックしたうえで力の入れるタイミングを計算しています。

釣果情報などで回遊が期待できるなら、力の続く限り竿を振り続けてみましょう。事前の筋トレやそもそも軽量なタックルを使うことで釣果を伸ばすことも可能です。

 

釣り場を変える

 

青物が釣れない一番の理由は、その日・その場所へ回遊がないことです。餌となる小魚が存在していなければ、わざわざ釣り場に近づくこともありません。

もしあまりに反応がなければ、いっそのこと釣り場を移動してしまいましょう!シーバス・エギングなどと比べて場所移動の影響が大きいため、あまりに雰囲気であれば積極的に移動すべきです。

ただ、ハマチ程度までのサイズだと大きな群れが回遊することが多く、同じ海域で釣れないと釣り場を移動しても意味がないケースもあります。

 

この時に重要なのが釣りブログ・釣り具屋で流される「釣果情報」。もし青物が釣れなければ、直近で釣果が上がっている場所周辺へと移動して竿を出すと釣れる確率が高まります。

 

裏技:可能な限り人が少ない場所を探す

▲釣り人が多い状況では、釣れる確率そのものが下がってしまう

 

巨大な群れであればともかく、釣り場近くまで回遊する青物の数は限られています。特に釣り人が多い場所だと、全体に行き渡らず釣っているのは数人のみ・・・という状況も。

もし釣り場全体ではそこそこ釣れていても、釣り人が多ければその分ヒット数が少なくなるし、テクニックよりも「その場に魚が居合わせたかどうか」で釣果が決まってくるので極力人の少ない場所を選ぶべきです!

実際に、大型ブリが釣れているシーズンに一日数百人殺到した釣り場で竿を出したものの、一日に数匹釣れるのみで一切反応がなかったこともあります。全体では10匹近く釣れていても、釣れる確率は数%・・・。

 

特に人口の多い地域だと顕著に影響するので、本気で釣りたければ人の少ない離島などへ遠征すべきです。身近で釣れるからといって、あまりに人が多いと釣れる確率も下がってしまいます。

 

おわりに

というわけで、以上「ショアジギングで青物が釣れない場合の対処法」について紹介してみました!

ショアジギングは釣りというより「狩猟」に近いと思っていて、小手先のアクションなどが通用しづらい分、潮が動き出したタイミングや潮目の位置などを的確に把握することで釣果アップが望めます。

 

いかに海の状況を読み解くかで釣果が大きく変わってくるため、潮流の変化は特に見逃さないようにしましょう!ルアーの動きを見ながら「あ、潮が動き出したな」というタイミングでバタバタ釣れることもありますからね。

 

青物が釣れない状況でも、ぜひこれらの方法を試してみてください。

それでは!

 

▼ショアジギングの基礎知識・具体的なタックル・アクションについてはこちら!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事