【ショアジギング】重量級メタルジグを100m以上飛距離を伸ばすキャスト術

回遊魚の青物をオフショアではなく陸っぱりで狙うためには、ときにルアーの飛距離が釣果に直結します。堤防の近くで釣れることもあれど、堤防から200m先の位置で凄まじいナブラが発生することも・・・。

それもシーバス等で使うようなルアーではなく、100g超のメタルジグを投げるとなると少し特殊なキャスト方法が必要となり、同じ感覚で釣りをしていると全く飛距離が伸びません。

今回はショアジギングで多くの釣果を挙げるために重要となる、重量級メタルジグを100m以上遠投するキャスト術について解説していきます!

 

100g超のメタルジグを投げても飛距離はそれほど伸びない

 

これから重量級のジグを扱うショアジギングに挑戦する人・始めた人にまず伝えたいことは、ジグの重量を増やしたところで相対的に飛距離も伸びるわけではない、ということです。

飛距離が伸びる要因は色々ありますが、特に釣りでは「ルアーにラインがつながっている」という最大の障壁によりラインを太くする・摩擦抵抗が増えれば増えるほど飛距離が落ちます。

実際に検証すればよくわかりますが、ジグ30g・PE1号、ジグ100g・PE3号でそれぞれ投げると前者のほうが飛距離が出ます。重量を増やしからといって、ラインが太ければかえって落ちてしまうんです。

 

さらに言うと、使用するロッドにより60g・100gのジグでは前者のほうが飛びます。最大100gまで使用できるロッドを使用していますが、100gだと扱えはするもののロッドが曲がりすぎてパワーを生かせません。

重量を増やせば増やすほど、釣り人側の負担も増えます。ショアジギングで魚を釣ることは飛距離を伸ばすこと、そしてどんな条件でも投げ続けることが重要なので、可能な限り疲労を減らしたほうが有利です。

重量級ジグで今より確実に飛距離を伸ばすには、ロッドの適正値を知ってその重量のルアーを投げることです。これだけで飛距離が1〜2割伸びます。

 

あくまでこのテクニックはショアジギングを始めるにあたっての基本レベルの話なので、自身の経験から少しでも飛距離を伸ばすコツを解説していきます。

 

重量級メタルジグを遠投する場合に必要なこと

確実にメタルジグの重みを乗せてキャストする

軽量級のルアーではなく、100g超のジグを遠投する際に何より重要となるのは「確実にジグの重みを乗せて投げること」です。

軽いルアーなら竿を素早く振って遠心力で飛ばすことも可能でしたが、100g超となるとそうはいきません。素早くロッドを振ってもルアーが追いつかず空振りし、ほとんど飛距離が伸びません。

より遠くに飛ばすためには、確実にルアーの重みを竿に乗せて投げましょう。気持ち「少し竿の振りがゆっくりすぎるかな?ラインを離すのがおそすぎるかな?」ぐらいで投げるといいです。

 

もし上手くいかなければ、自分のキャストフォームをカメラで撮影するとキャストときのクセがわかり、改善できるのでおすすめです。

 

低弾道でキャストする

釣りをしているとキャストしたあとに空高くルアーが上がり、ずいぶん時間が経ってから着水する人がいますが、特に重量級のジグでこれをやると全く飛距離が伸びません。

ルアーの重量ももちろんですが、使用するラインも太くなるため風の影響を強く受けます。それも軽量のPEラインだと余計に風に押されて飛距離がでなくなります。

大抵、ショアジギングで青物が釣れるような場所は風が強く吹いています。追い風ならチャンスですが、向かい風・横風で弾道を上げると一気に失速して飛距離が落ちます。

 

特に風の影響で飛距離が落ちる場合、ラインを指から離すタイミングを少し遅らせてあげると上手く低弾道で飛んでいき、飛距離も伸びます。

狙って弾道を毎回落とすのは難しいですが、慣れていない人でも数回に一回は意識すれば低弾道で飛びます。

風が強い状況だとそれほど影響を受けずに飛ばせるので、テクニックの一つとして覚えておいてください。遠投できたときに限って、数シャクリ目で釣れることが多いです。

 

無理にペンデュラムキャストを使わない

 

以前、ライトショアジギングで青物釣りを楽しんでいるときは「ペンデュラムキャスト」を利用することでルアーの飛距離を大きく伸ばせることを発見し、方法論を解説する記事を書きました。

ペンデュラムキャストは可能な限り垂らしを長くとってルアーは振り子のように動かし、反動で飛距離を稼ぐ方法。通常より1〜2割ほど飛距離が伸びますが、着水点がバラバラになるデメリットがあります。

しかしショアジギングの場合はルアーの重量がありすぎること、シルエットが大きい理由で下手にルアーを振り子にして投げると空中で回転しまい、通常より飛距離が半分ほど落ちてしまう結果に・・・。

 

100g級のメタルジグの中でもシルエットが小さめのジグならそれほど影響がなかったんですが、このクラスになると大抵は細長いジグが使われます。

自身は普段から「撃投ジグ」を使用することが多いんですが、どうしてもシルエットが長く下手に振り子をつけると飛距離が大幅に落ちたので、以降はペンデュラムキャストではなく通常の投法を使用しています。

無理に飛距離を伸ばそうとするとかえって落ちてしまうので、確実に伸ばしたいなら一旦空中でルアーを停止させてから投げると回転せずまっすぐ飛んでいきます。

 

さらに飛距離を伸ばすためのアイテム解説

PEラインコーディング剤

 

PEラインを使用する釣りで飛距離を伸ばすためには、ラインにフッ素コーティングができるPEコーティング剤が必須です!

特にショアジギングはラインが太い分摩擦抵抗が大きいため、コーディング剤があるだけで飛距離が1〜2割伸びます。

ワンピッチジャークをしているとラインへの負荷が大きくコーディングが取れてしまうため、3時間に1回程度は吹きかけると飛距離を維持できます。

 

釣り用グローブ

 

重量級ジグを何度もキャストしてロッドをシャクっていると、素手だと疲労が溜まってしまいすぐ痛くなります。ふと気を抜いているときに魚が掛かり、危うくロッドを落としそうになったことも・・・。

このようなこともあって、この釣りではもっぱら滑り止めが付いた釣り用グローブを装着して釣りをしています。これだけでもグンと疲労が軽減できるのでおすすめです。

また重いジグを何度も投げていると指先が切れてしまうこともあるので、投げ釣りで使うようなフィンガーグローブをつけてもいいかもしれません。

 

おわりに

というわけで、以上「ショアジギングで飛距離の伸ばすコツとアイテム」について解説してみました!

ライトショアジギングは今までの延長で飛距離を伸ばせましたが、ショアジギングでは少しコツが必要だったので気づきや遠投するコツなどをまとめてみました。

慣れればペンデュラムキャストでさらに飛距離を伸ばすこともできますが、少しでも風が吹くと空中でのルアーの姿勢が変わって回転することもあります。

飛距離を伸ばせば、それだけで青物と遭遇するチャンスが増えるので参考にしてもらえれば幸いです。

 

それでは!

 

▼ショアジギングで飛距離を伸ばすために重要なラインシステムの解説はこちら

ショアジギングで重要なラインシステム・最強のPEラインの選び方
2018.2.17
重いルアーを大遠投し、テトラ帯や地磯など根ズレの激しいエリアで大型青物を仕留めるためには、ロッド・リールはもちろんのこと「ライン」についても強力な製品が求められます。 ルアーを魚が回遊するエリアまで届け、魚を取り込むためには強力なラインシステムが絶対に必要不可欠!他の釣具と比べて軽視しがちですが、実...

スポンサードリンク












ショアジギングの関連記事
  • 【図解】ショアジギングにおける「ジグアクション」の方法!ジグの動かし方を解説
  • 【ショアジギング】強風で釣りづらい!厳しい状況で青物を釣り上げるノウハウ
  • シーバスロッドでショアジギングは可能?タックル選びで気をつけたいポイント
  • ショアジギングで狙うべきポイント・場所選びのコツ
  • 青物がよく釣れる時間帯は?時間別の攻略法まとめ
  • 【ショアジギング】サーフを攻略!上手く青物を釣り上げる方法は?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • ショアジギング
    【ショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説
    2018年2月17日
  • メバリング
    【メバリング入門】初心者でも簡単に釣れる!タックル選びから仕掛けまで徹底解説
    2018年3月3日
  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
  • チニング
    【チニング入門】初心者でもクロダイ(黒鯛)が釣れる!釣り方とタックルを徹底解説!
    2018年3月7日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場22選を解説
    2017年12月14日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
おすすめの記事