【ショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説

豪快な専用タックルを使って100g程度のメタルジグを磯や堤防からぶん投げて、ブリ・カンパチ・ヒラマサなど超強烈な引きを魅せる青物を狙う・・・それが「ショアジギング」最大の魅力です!

「漢の中の漢の釣り」ですが、この釣りは専用の釣り道具を揃えないと青物の引きに耐えられないため、事前に情報収集をして調べないといけないというハードルもあります。

今回は、これからショアジギングを始める初心者の方に参考になるよう「基本的な知識からタックル選び、具体的に青物を釣る方法」など全てまとめてみましたので紹介します!

 

ショアジギングとは?基礎知識について

 

ショアジギングとは、潮通しのよい堤防や磯場から80g〜120g程度のメタルジグ・プラグ類を遠投し、青物を中心に根魚まで様々な魚種を狙う釣法。

青物は小魚を追って大海原を回遊しており、潮の流れが早い場所についていることが多く、陸からポイントが離れているケースもあるので100g超のメタルジグがメインで使われます。

ショアジギングでは高重量のルアーを遠投するため、合計700g以上にもなる専用タックルを使うのが一般的です。非力だと釣りを続けられないため、「本格派」な釣りと言えます。

 

 

10g〜40g程度のメタルジグを使って小型青物を狙う「ライトショアジギング」という釣り方もあるので、最初はこちらから入るといいでしょう!

小型青物なら近所の堤防でも気軽に狙えるのと、手元のシーバスタックルで気軽に挑戦できるのでハードルも低めです。

しかし!ショアジギングは1m超のブリ・ヒラマサ・シイラなど他とは比べ物にならない巨大青物が狙え、魚とのガチンコ勝負が味わえるので非常にロマンがあります。

 

icon-arrow-circle-right 気軽に青物が狙える「ライトショアジギング」の基礎知識と攻略法はこちら

 

ショアジギングで釣れる魚種:青物のほかいろいろ

イワシ・アジなどを捕食するフィッシュイーターであれば、だいたいどんな魚でも釣ることが可能!青物が基本の釣りですが、実は思った以上に様々な魚種を釣ることが可能。

ブリ(ハマチ)・カンパチ・ヒラマサ・シイラ・サワラ・ソウダガツオを中心に、根魚類のカサゴ・ハタ類、果てはシーバス・マダイ・クロダイまで狙うことができます。

食べて美味しい魚ばかりなので、晩飯には一切困りません!いつでも釣れるわけではありませんが、掛かったら当分の間おかずに困らないのも魅力的。

 

最適な時期・シーズン:秋が最も盛り上がる時期

 

ショアジギングは青物を中心に狙うので、堤防近くを多く回遊する初夏〜晩秋までがメインシーズンになります。

ただし同じ青物でも、最適なシーズンは異なります。対象魚種ごとに釣りやすいシーズンをまとめてみたので、ぜひ釣行の参考にしてみてください。

最初に青物を一本釣りたいなら、ハイシーズンの9月〜11月の間に竿を出してみることをおすすめします。このシーズンであれば、だいたいの青物を仕留められるはず!

 

ショアジギング専用タックルの選び方を徹底解説

ロッド選びの方法とおすすめ製品:青物の引きに耐えられるか?

 

ショアジギング専用ロッドに必要な条件とは、「100g前後のメタルジグをフルキャストできること」「巨大青物を容易に寄せられるパワー」の2つです。

この釣りはルアーの飛距離で釣果が大きく左右されるので、第一にキャスト性能が超重要となります!それ以外の性能、例えば細かい感度などは必要ありません。

専用ロッドはキャスト性能に特化していることが多く、フルキャストしてもロッドがブレないため圧倒的な飛距離を実現できます!慣れれば、初心者でも100m以上簡単に飛ばせますよ。

 

ショアジギング専用ロッドに求められる性能
  1. 竿の長さは9フィート〜10フィート
  2. 100g前後のメタルジグをフルキャストできる性能
  3. 1m超の青物が掛かってもやり取りできるバットパワー

 

ショアジギング専用ロッドは、遠投性能・耐久性を考えても2万円以上のロッドがおすすめなんですが、最近は1万円台のロッドでも使える製品が多く発売されています。

ダイワ ジグキャスター icon-external-link 』はショアジギング入門ロッドの中でも安価で、1万円以下で購入できるモデルも。遠投する際に竿先がブレるなど弊害はありますが、予算がない場合にはおすすめ。

シマノ コルトスナイパー』は定番の専用ロッドで、釣り場でもあちこちで見かけます。「ハイパワーX」「スパイラルX」のブランクスで、ジグを振り抜いた際もブレが少なくかっ飛んでいきます。

 

▼ショアジギング専用ロッドの詳しい選び方・おすすめ製品はこちら!

初心者から上級者まで!ショアジギング専用ロッドの選び方とおすすめ製品まとめ
2018.2.17
ショアジギングは、巨大青物を釣り上げるために高重量のルアーを100m以上遠投してシャクリ続ける釣りです。他と比べても、ある種「特殊な釣り」の部類になります。 ルアーを大遠投するため、そして青物の引きに...

 

リールの番手・製品の選び方:耐久性を最も重視

 

高重量のルアーを扱うとなると、リールへの負担も大きくなるためショアジギング専用リールを使うのが一般的。

ルアーを150m以上遠投することもあるのと、巨大青物がヒットすると大量にラインを出されるので最低でもPE3号を300m巻ける糸巻き量があれば安心。

最も重要なのは、雑な扱いをしても壊れない耐久性です!この釣りは一日中ルアーを投げ倒すため、一般的なリールだとすぐ摩耗して破損します。

 

ショアジギング専用リールに求められる性能
  1. ダイワなら4000番〜5000番、シマノなら5000番〜8000番のリール番手
  2. PE3号を300m巻ける糸巻き量
  3. 1日中雑な扱いをしても破損しない剛性

 

ショアジギング専用リールはモデルの数自体少なく選択肢が限られてくるものの、1万〜2万円前後で買える入門モデルも一部存在します!

ダイワ BG icon-external-link 』は1万円弱で購入できる安価な専用リールで、必要最低限の性能を備えています。ドラグがスムーズに動く「ATD」など巨大魚に対処できる性能も備えており、入門には最適!

シマノ バイオマスターSW icon-external-link 』はショアジギングには定番のリール!IPX8相当の防水性を備え、シマノ独自の冷間鍛造の「HAGANEギア」を装備しているので剛性も十分!

 

▼ショアジギング専用リールの詳しい選び方・おすすめ製品はこちら!

【対象魚種別】ショアジギングに最適なリールの選び方とおすすめ製品
2018.2.17
100g超のルアーを堤防・磯からぶん投げて、巨大青物を狙う「ショアジギング」。タックル構成次第ではカジキ・クロマグロなども視野に入ってしまう、異次元の釣りです。 大型青物の引きに耐えるためにはタックル...

 

ラインシステムの組み方・選び方:高くても丈夫なものを

 

ラインは釣り道具の中でも軽視されがちですが、ショアジギングにおいては圧倒的な飛距離を実現し、かつ青物を取り込めるかどうかを大きく左右するため非常に重要です!

確実に青物を仕留めるためには、最低でもPE2号以上のラインを300m以上巻いておく必要があります。これだけあれば、マグロなど想定外の魚が掛からない限り大丈夫です。

PEラインは複数の糸を撚って作られており、4本織り・8本織りと製品によって違いがあるんですが、強度を高め飛距離を伸ばすためにも「8本織り」の高級PEラインをおすすめします!

ショアジギングの基本ラインシステム
  • PEライン:2号〜4号を300m以上
  • リーダー:メインラインに合わせて40lb〜60lbを2m程度

 

▼ショアジギング用ラインの基礎知識はこちら!

ショアジギングで重要なラインシステム・最強のPEラインの選び方
2018.2.17
重いルアーを大遠投し、テトラ帯や地磯など根ズレの激しいエリアで大型青物を仕留めるためには、ロッド・リールはもちろんのこと「ライン」についても強力な製品が求められます。 ルアーを魚が回遊するエリアまで届け、魚を取り込むためには強力なラインシステムが絶対に必要不可欠!他の釣具と比べて軽視しがちですが、実...

 

メタルジグの選び方:飛距離が出せるジグが最強!

 

最近は特にショアジギングが大流行しているので、各メーカーから様々なメタルジグが販売されています。

シルエットの違い・フォール時のアクション・スピード違いなどありますが、「飛距離」で大きく差がついてしまうため、遠投できる細長タイプが最もおすすめ。

竿の硬さに合わせて、60g〜100g程度のジグを複数個タックルボックスに忍ばせておきましょう。

 

▼特に活躍するメタルジグの選び方とおすすめ製品をまとめてみました!

【〜100g】本格ショアジギングで活躍するメタルジグの重視すべき点とおすすめ製品
2017.12.1
ショアジギングのメインターゲットである青物は餌を追い求めてあちこちを回遊していますが、魚の居場所までルアーを届けるためには鉛の塊である「メタルジグ」が必須! ただのオモリにしか見えませんが、遠投性にお...

 

ショアジギングを快適にするためのアイテム

 

ショアジギングは他のルアー釣りに比べて「釣果を伸ばすには投げ続けることが重要」というちょっと特殊な釣り。

最終的には釣りを快適にするためのアイテムが重要になってきます!

飛距離を伸ばすためのラインコーティング材、ラインの結束を強固にするアイテムなど色々あります。タックルを揃えたら、ステップアップとしてこれらのアイテムを導入してみてください。

 

▼ショアジギングに使える便利なアイテム・ギアの詳細はこちら!

ショアジギングにあると便利なギア&グッズ紹介!
2017.12.1
ショアジギングは長時間ジグを投げ続ける釣りで、いつ青物が回遊してくるかわからないので「どれだけルアーを投げ続けられるか」で最終的な釣果が決まってきます。 釣り用の便利グッズを持っているだけで疲労を軽減...

 

 次のページでは、ショアジギングで青物を釣り上げるための具体的なノウハウを全て公開しています!この手順に従って狙えば確実に青物が釣れるようになるので、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク












関連キーワード
ショアジギングの関連記事
  • ショアジギングでエソばかり釣れる原因は?実は青物が釣れる前触れか・・・?
  • 【ショアジギング】リーダー結束・ノットまとめ!強度の高いラインの結び方
  • 投げ竿でもショアジギングは楽しめる?少しでも遠投できる工夫をする
  • 【ショアジギング】メタルジグが全然飛ばない!上手く飛距離を稼ぐ方法とは
  • ショアジギング攻略に適した時間帯とは | 早朝〜夜間に青物は釣れる?
  • ルアーでの青物狙いで活躍するショックリーダーの太さ・長さ・選び方まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場22選を解説
    2017年12月14日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • チニング
    【チニング入門】初心者でもクロダイ(黒鯛)が釣れる!釣り方とタックルを徹底解説!
    2018年3月7日
  • ショアジギング
    【ショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説
    2018年2月17日
  • メバリング
    【メバリング入門】初心者でも簡単に釣れる!タックル選びから仕掛けまで徹底解説
    2018年3月3日
おすすめの記事