ショアジギングを始めるにあたって、一体どのような道具・装備を揃えればいいのか?初期費用としてどの程度お金を用意すればいいのか?気になりますね。

ロッド・リールなど初心者用から上級者用まであってピンキリですが、釣り初心者の方も揃えやすいようコスパが良く定番の製品をまとめてみました!

今回は、ショアジギングで必ず用意すべき道具・装備一式のまとめと、初期費用について徹底的にまとめていきたいと思います!新しく道具を揃えたい人はぜひチェックしてみてください!

 

ショアジギングで必要な初期費用・予算まとめ

内容金額重要度
ロッド15,000円 ★★★★★
リール15,000円 ★★★★★
PEライン3,000円 ★★★★★
リーダー1,500円 ★★★★★
ルアーセット10,000円 ★★★★★
ルアーボックス2,000円 ★★★★☆
玉網セット10,000円 ★★★★★
クーラーボックス10,000円 ★★★★☆
神経絞めワイヤー1,500円 ★★★☆☆
ストリンガー1,500円 ★★★★☆
釣り用グローブ3,000円 ★★★★☆
プライヤー3,000円 ★★★★★
持ち運び用バッカン5,000円 ★★★★☆
水くみバケツ1,000円 ★★★☆☆
ラインコーティング剤1,500円 ★★★★☆
ロッド・ティップカバー2,000円 ★★★☆☆
リール保護ケース2,000円 ★★★☆☆

 

結論から言うと、新しくショアジギングを始めるためには最低で5〜10万円ほどの予算があれば、必要な道具を全て揃えたうえで快適に釣りを楽しむことができます!

全ての道具を揃えると10万円近くかかってしまいますが、玉網・クーラーなどはいくらでも流用できるので、ショアジギング専用タックルを揃えるだけなら5万円以下で済みます。

この釣りは100g超のルアーを大遠投し、大型青物を釣り上げるために最低限の剛性を備えた道具を用意する必要があるので、最低限の初期費用は必要になります。

 

ショアジギング専用道具・便利装備の一覧

ロッド・リール・ライン関係の道具一式まとめ

商品画像 名称 備考

【ロッド】

シマノ コルトスナイパー BB S1000H 10フィート

最低でもMAX60gを扱える専用ロッドを。剛性重視。

【リール】

シマノ リール 14 スフェロス SW 6000HG

剛性が強いフルメタルボディ仕様の専用リールがおすすめ。

【PEライン】

デュエル(DUEL) ハードコア X8 200m マーキングシステム

最低でもPE2号以上、強度の高い8本撚りで最低でも200m以上は欲しい。

【リーダー】

シマノ(SHIMANO) ショックリーダー オシア EX フロロカーボン 50m 8号 30lb

根ズレに強いフロロ素材で、PEラインと同程度の強度のものを。

【ライン結束具】

シマノ ボビンワインダーヘビータイプ TH-202N ブラックゴールド

PEライン・リーダーとの結束に必須の小物。強度90%を実現可能。

【メタルジグ】

メジャークラフト ルアー メタルジグ JP ジグパラ 60g

複数の重量・カラーを揃えて様々な状況に対応できるようにしよう。

【プラグ】

タックルハウス(TackleHouse) ミノー コンタクト フリッツ 90mm 42g

ジグと合わせて複数種類用意しておくことで、対応できる幅が広がる。

【アシストフック】

シャウト! 43-TA ツインアシスト フック

ジグを使用するなら必須。複数用意しておくと根掛かりにも対応可能。

 

 

100g超のルアーをフルキャストし、1m以上の青物とやり取りする可能性のあるショアジギングでは他魚種用のタックルは流用できないため、専用ロッド・リールをピックアップしてみました。

「コルトスナイパーBB」は入門用ロッドのなかでも非常にコストパフォーマンスがよく、専用リールと合わせても3万円以下で抑えることができます。

ルアーに関しては極力複数種類揃えたほうがいいんですが、最初は根掛かりも考慮して最低5個は用意しておくと安心して釣りができます。

 

 

ショアジギングに必須の小道具一式まとめ

商品画像 名称 備考

【玉網の柄】

ダイワ(Daiwa) 玉の柄 ランディングポール2 500

青物を取り込むには必須の道具。最低でも5mのものを。

【玉網】

メジャークラフト ヘキサネット 4ピース ネット付き 玉網枠

大型の玉網だと万が一大物がかかった際でも取り込みやすい。

【クーラーボックス】

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ ライト 350LC-035M

青物を新鮮に持ち帰るには必須。可能な限り大型を購入しよう。

【プライヤー】

シマノ パワープライヤー ベント ブラック CT-562P

針外しからリング交換まで使える。素手では無理なので必須。

【ナイフ】

シマノ ナイフ シース小出刃 CT-511N ブラック

魚を締める際に必須。出刃タイプを選ぶと大物でも捌きやすい。

【持ち運び用バッカン】

ドレス(DRESS) DRESSオリジナル バッカン+PLUS(プラス) 撥水素材

道具収納用のバッカン。道具が多いので大容量のものを購入しよう。

【水くみバケツ】

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT 活かし水くみ ブラック 21cm

血抜きから手洗いまで何かと使える。

 

 

大型青物を相手にするショアジギングでは、いくら剛性のある竿を使うと言っても60cm以上になると抜き上げが厳しくなるのと、足場が高い堤防が多いため玉網が必須。

その他、新鮮に持ち帰るためのクーラーボックス・ナイフ・ストリンガー、道具を持ち運ぶためのバッカンなども必要になります。

ロッド・リール類と合わせて、最低でもこれらの道具を揃えればとりあえずショアジギングを楽しむことができます。全て他魚種用の道具としても流用できます。

 

ショアジギングであると便利な小物類(必須ではない)

商品画像 名称 備考

【神経絞めワイヤー】

KEYSTONE(キーストン) 神経絞め(2本入) 1.0mm-80cm

ナイフ締めだけでなく、神経絞めをすればより鮮度の高い状態で持ち帰れる。
 

【ストリンガー】

ベルモント(Belmont) MP-092 ストリンガー130ロープ付セット5p

直接海中で血抜きができる。青物を活かすと乳酸が溜まるのでNG。
 

【釣り用グローブ】

シマノ(SHIMANO) 3D・アドバンスグローブ5

ロッドの落下防止&疲労軽減に非常に便利に使える。
 

【ラインコーディング剤】

モーリス(MORRIS) ラインコーティング剤 バリバス PEニシュッ! コーティング剤

遠投性が向上し、大きなトラブルも回避できる便利グッズ。

【大型ルアーボックス】

メイホウ(MEIHO) VERSUS VS-3020NDDM

大量にルアーを持ち歩くなら必須。複数のプラグ・ジグを収納可能。
 

【ロッド・保護カバー】

シマノ ロッドベルトフレックストップカバー BE-031G M ブラック

 ティップを保護しながら複数のロッドを束ねられる。

【リール保護ケース】

シマノ リールケース リールガード [スピニング用] PC-031L ブラック L(SW)

 リール全体を覆えるケース。大型リールでも問題なし。

 

 

神経絞めワイヤー、グローブ、保護ケースなど必ずしも必要ではないが、あると非常に便利に使えるグッズもまとめてみました。

個人的には必須ですが、なくてもショアジギングは可能です。予算が厳しければ重要度の高いアイテムだけ購入し、収入に合わせて追加購入していく方法がおすすめです。

ラインコーディング剤・ストリンガー・グローブ以外はそれほど重要ではないので、これら3つを優先的に購入するようにすると快適に釣りができます。

 

最後に

というわけで、以上「ショアジギングに必要な道具・装備の一覧と、必要な初期費用」を全てまとめてみました!

他にも便利に使えるグッズはたくさんありますが、ひとまずこれらの道具を購入しておけばそこそこ快適に釣りをすることができます。それほど予算も必要ありません。

あくまで目安となるタックルを紹介しただけなので、ロッド・リールなどは釣りをする環境や予算に合わせて柔軟に選んでみてください!

 

▼ショアジギングの基礎知識・具体的なタックル・アクションについてはこちら!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事