9月は少し気温も落ち着き、秋に向けて釣れる魚種がさらに増えるため釣りにピッタリな季節!堤防釣りに行くなら、気候が安定して魚の活性が最も上がる9月〜10月がおすすめ。

初夏と比べて魚の平均サイズが大きくなっていき、同時に数釣りも可能になるのでオカズの確保にも困りません。

今回は、9月の海釣りで釣れる魚種と釣り方を紹介していきたいと思います。これから釣りを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

知っておきたい9月の海の状況は?

真夏と比べて少し気候が落ち着く9月ですが、実は1年で最も高くなる季節なんです!基本的に海水温は変化するのに2ヶ月程度掛かるため、外気温ほど急激に温度変化しません。

9月〜10月にかけては1年で最も釣れる魚種が多くなり、釣り人側も快適に釣りができます。同時に堤防へ人が殺到するので、混雑を避ける工夫も必要に。

台風の発生・接岸も多くなりますが、この時期の悪天候は海中の溶存酸素量を増やし、上手く全体に栄養を行き渡らせる効果もあるため高活性になることのほうが多いです。

無理は禁物ですが、悪天候前後になると餌を求めて大型魚の荒食いが始めるので、安全性を確保したうえで釣りにいくと思わぬ大物が釣れる可能性も!

 

9月の堤防で狙える魚種とは

アジ&イワシが大型化!サビキ釣りが一層楽しくなる

 

真夏に引き続き、各地でアジ・イワシ狙いのサビキ釣りが盛り上がります!しかも秋に回遊してくる個体はサイズが大きく、良いオカズになります。

場所によっては大型サイズが大量に回遊してくるので、あっという間にクーラーボックスが埋まってしまうことも!

回遊があるかどうかは地域・タイミングによって大きく異なるため、釣りに行く前に必ず釣具店やブログ等で情報収集をしておくことが大切です。

 

サビキ釣りで小アジを釣る方法と仕掛け解説はこちら

 

ハゼ釣りがシーズンイン!ウキ釣りで狙う

 

秋に近づくにつれ、河口・砂浜エリアで「ハゼ」の姿が見られるようになります!毎年ハゼ釣りが始めると、休日に親子でハゼを釣り上げる姿が見られるようになります。

シーズン初期は小型がメインですが、水深20cm前後の浅瀬にも生息しているため気軽に釣り上げることができます。小型のウキ釣り・ちょい投げ釣りで狙うことが多いです。

自宅近くの河川・河口エリアでも十分釣れるので、気軽に狙ってみましょう!最近はハゼをあえてルアーで狙う「ハゼクラ」という釣りも一部流行しています。

 

秋アオリイカシーズン開幕!エギングで狙おう

 

9月になって、いよいよ秋アオリイカシーズンが開幕!真夏は夜間の釣りがメインだったんですが、9月以降は日中でも十分狙えるようになります。

この時期は春に生まれたばかりの小型サイズがメインとなりますが、数釣りできるうえにルアーにも積極的に反応してくるため、エギング入門に最適。

少し水深のある漁港であれば、大抵の場所で見られます。アオリイカの姿を発見したら、ぜひ小型のエギを放り込んでみましょう!反応が良ければ、目の前でエギを抱いてくるかも。

 

肝醤油が最高!堤防で気軽に狙えるカワハギ釣り

 

秋といえば!色々な釣り物がありますが、やはり「カワハギ」も欠かせない存在です。30cm程度の大型をねらって船釣りをすることが多いですが、小型狙いなら堤防でも十分釣り上げられます。

仕掛けは投げ釣り・胴付き仕掛けで堤防際を狙うなど色々な釣法があって、小さな口を使って上手く餌を取られてしまうため、「ハゲ掛け」と呼ばれる巨大な針で引っ掛けてしまう釣法もあります。

この時期のカワハギは少し小さいですが、外洋に面した漁港などでは20cm以上の大きいカワハギが釣れることも。味は最高なので、ぜひ狙って見てほしいです!

 

ウキ釣り・ルアー釣りでタチウオ狙いがおすすめ!

 

初夏から釣れ続いていた「タチウオ」ですが、秋に近づくに釣れサイズが大きくなっていきます!この時期になると、休日の夜には堤防で竿を出せなくなるほど釣り人が殺到します。

夜間に餌を求めて堤防に接岸してくるので、夜釣りがメインとなります。電気ウキ釣りかルアー釣りのどちらかで狙うことが多いです。

釣れる地域は限られますが、サイズのわりに非常に引きが強く、食味が非常に良いのでぜひ狙ってみてほしいです。釣れているかどうか事前に情報収集しておくこと。

 

タチウオをルアー釣りで攻略する基礎知識・仕掛け解説はこちら

 

青物釣りが好調!ショアジギングで大物の引きを堪能

 

小魚を追って各地で釣れていた青物ですが、秋以降は大型化!40cm前後のハマチサイズが多いものの、ちらほら1m近いブリも姿も見えるように・・・!

青物が釣れるかどうかは運の要素もあるものの、何度か堤防に通っていれば大型サイズが釣れる可能性もあります。

専用ルアーを使った「ショアジギング」で狙うことが多いですが、サビキで釣ったアジを活かしておいて青物を狙う「泳がせ釣り」でも釣り上げることができます。

 

▼専用ルアーを使った「ショアジギング」の基礎知識・釣り方解説はこちら

 

誰でも狙える青物!サゴシが本格シーズン入り

 

ハマチ・ブリなどの青物が好調な一方、初夏には「サゴシ・サワラ」も頻繁に釣れるようになります!同じ釣法で狙えますが、こちらのほうがより気軽に釣り上げることができます。

非常にキバが鋭い魚で、凶悪面な一方で非常に美味なため、釣り人からは人気。ただし独特の強烈な臭いがするので、ビニール袋を複数用意するなどの工夫は必要。

専用の釣具が必要な「ショアジギング」ではなく、より気軽に手持ちのルアーロッドで楽しめる「ライトショアジギング」で釣り上げられるので初心者向きです。

 

気軽に青物釣りが楽しめる「ライトショアジギング」の基礎知識と釣り方解説はこちら

 

最後に

今回は、9月の堤防で釣れる魚種とおすすめの釣り方、気をつけるべき点について解説してみました。秋は1年で最も釣りに向いたシーズンなので、釣りに行かない手はない!

9月前半は残暑の影響で釣りづらい日々が続くものの、後半〜10月にかけては気温が落ち着いていくため1日中釣りをすることも可能で、あらゆる魚種が狙えるようになります。

唯一、この時期特有の「台風」だけ気になりますが、天候が大きく荒れる前後はむしろ大型魚の活性が上がるためチャンスだったりします。安全面に最大限気をつけて、狙ってみてください!

 

スポンサードリンク
釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事