タチウオは白身で非常に淡白な魚なので、「塩焼き」 などシンプルな料理が最もマッチします!素朴ながら、これが本当に美味しいんですよ。

これまで釣り師として様々な魚種・料理を食べてきましたが、タチウオほど塩焼きが似合う魚はいないのでは?と思うほど。

料理法も非常に簡単!用意するべきものも少なくサクッと作れます。今回はタチウオの塩焼きを美味しく料理する方法について解説していきます!

 

タチウオの塩焼きに必要な材料

thumb_IMG_0899_1024

 

タチウオの塩焼きの材料ですが、その名のとおり余計な材料は一切ありません!その名のとおり、塩と魚だけ用意すればOKです。

 

必要な材料
タチウオ 1尾分
適量

 

タチウオの塩焼きの作り方・料理方法

thumb_IMG_0883_1024

 

一般的にタチウオを塩焼きにする場合、頭・内蔵を落としてから「ぶつ切り」にするのが一般的なんですが、小骨が気になってしまいます。

血合いもそのまま残ってしまっているので、鮮度の落ちたものだと生臭さを感じてしまいます。美味しくいただくためにも、3枚おろしがおすすめ!

もちろんその分手間もかかってしまいますが、口の小さい子どもでも美味しくいただけるようになりますよ。

 

thumb_IMG_0899_1024

 

3枚おろしにしたタチウオの切り身に塩をふりかけます。少量でOKです。

 

thumb_IMG_0897_1024

 

塩をふりかけたタチウオをグリルに敷き詰めていきます。フライパンでも調理できますが、可能ならグリルを利用したほうが美味しくいただけますよ!

グリルで皮側を4分程度、身側を2分程度焼いていくだけ。

 

thumb_IMG_0901_1024

 

グリルに投入して片側が焼けたら、ひっくり返して反対側も焼いていきます。

 

thumb_IMG_0909_1024

 

グリルでしっかりと身を焼き上げ、タチウオの塩焼きの完成ですー!

元々の味がシンプルなので、非常に美味しかったー!誰でも簡単につくれるので、始めてのタチウオ料理としては非常におすすめです。

タチウオのムニエルも同じように簡単に作れるので、2つとも試すといいかも。ぜひチャレンジしてみてくださいー。

 

 

参考記事【保存版】タチウオ(太刀魚)の料理・レシピおすすめランキング【釣魚料理】

スポンサードリンク
釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事