根の特定スポットにワームを落とし、掛かった巨大魚を引きずり出す!

北海道・東北など寒い地方を中心に人気の「ロックフィッシュゲーム」ですが、非常にゲーム性が高く”男気溢れる釣り”のため、一度挑戦すると思わずハマってしまう魅力的な釣りです!

今回は、「ロックフィッシュゲームの攻略法・ポイント・魚種・釣るためのコツ」を全てまとめて解説したいと思います。これから始める初心者も、上達したい中級者も必見です!

 

ロックフィッシュゲームとは?

 

ロックフィッシュとは、アイナメ・クロソイなどの根魚と呼ばれる魚をワームで狙う、ルアーフィッシングの一つ。

昆布や海藻など、海底の根やテトラポットなどの障害物に潜む魚を「根魚」と呼び、主に海底や障害物を目掛けてワームを投げ込み魚を引きずり出します。

主に北海道や東北を中心に人気の釣りですが、サイズや魚種を選ばなければ全国各地の海で狙え、ポイントも比較的手軽な漁港などが多いことから近年人気が高まっている釣り方です。

 

 

根魚はサイズに関わらず非常に引きが強く、一部地域で釣れる50センチを超える個体は、漁港からルアーで狙える魚種の中でもトップクラスのファイトを楽しめます!

現在はロックフィッシュ人気もあいまって、各メーカーからは専用のタックルやルアーなども多数販売されており、以前に比べると道具の選択肢も増えつつあります。

北海道や東北ではロックフィッシュ専用のトーナメントなども開催されており、バスフィッシングに次ぐゲーム性の高い釣りとしての地位を高めています。

 

魚によって生息域や食性が異なり、狙い方・ポイントも変わってくるため、まずはロックフィッシュで狙う代表的な魚種を紹介します!

 

ロックフィッシュの代表的な種類

アイナメ(アブラコ)

 

全国的に狙える、ロックフィッシュの代表的な魚。

20〜40センチ前後が一般的なサイズで、北海道や東北では50センチを上回る大型も多く、磯やボートなどのフィールドでは60センチ級のモンスターも狙えます。

ルアーにヒットした後に激しく首を振り抵抗するため、そのファイトはロックフィッシュの代名詞とも言える激しい引きを味わえます。

昼行性の魚で、根魚の中でも昆布や海藻類の周辺に潜んでいることが非常に多く、漁港はもちろん防波堤や磯などでも狙えます。

 

▼アイナメ(アブラコ)をルアーで釣る方法はこちら

【ロックフィッシュ】アイナメ(アブラコ)をルアーで釣る方法とは?時期・攻略法
2017.10.29
主に北海道や東北でロックフィッシュを楽しむ人にとって、アブラコ(アイナメ)は定番中の定番の魚! バイトしてから海面に顔を出すまで首を激しく振り抵抗する「首振り」は非常に強力で、大型のサイズを釣り上げるのは簡単ではありません。 しかし、時期を選べば「黄金色の大型アブラコ」など一部アングラーから憧れの対...…

 

クロソイ

 

アイナメと並び、強烈な引きで釣り人を魅了する「クロソイ」。

クロソイ・ムラソイ・マゾイ・シマゾイ・ベッコウゾイなど地域によって様々な種類が生息し、それぞれで捕食行動や引きが異なります。

サイズは大きいものでも30センチ前後ですが、その引きはロックフィッシュの中でも非常に強く、ヒットした瞬間に海底の障害物に逃げ込もうと潜るため、一瞬の駆け引きが大切な魚です。

北海道や東北の磯では40から50センチ級のソイの釣果も度々聞かれ、全国から多くのアングラーが足を運ぶ名スポットでもあります。

 

▼クロソイをルアーで釣る方法はこちら

【ロックフィッシュ】アイナメ(アブラコ)をルアーで釣る方法とは?時期・攻略法
2017.10.29
主に北海道や東北でロックフィッシュを楽しむ人にとって、アブラコ(アイナメ)は定番中の定番の魚! バイトしてから海面に顔を出すまで首を激しく振り抵抗する「首振り」は非常に強力で、大型のサイズを釣り上げるのは簡単ではありません。 しかし、時期を選べば「黄金色の大型アブラコ」など一部アングラーから憧れの対...…

 

カジカ

 

主に東北以北で釣れる、”怪魚”と呼ぶにふさわしい凶悪ヅラの「カジカ」。

悪食で目の前のものを丸呑みする習性があり、魚さえいれば比較的簡単に釣れます。ワームに対して警戒心を持つことも少ないため、何より魚の居場所へ確実にルアーを送り込むことが大切。

ヒットしてからの引きは大したことがないものの、最大で60cm〜70cmまでに成長し、重量感は他のロックフィッシュとは比べ物にならないため一部の釣り人からは熱狂的な人気を誇ります。

鍋に入れると、美味しすぎて他の食材の味わいを壊す・・・という意味合いから「鍋壊し」などとも呼ばれます。ロックフィッシュアングラーなら、ぜひ一度は味わいたいところ!

 

▼カジカをルアーで釣る方法はこちら

【ロックフィッシュ】海の怪魚!「カジカ」の釣り方・攻略法解説
2017.11.6
主に北海道でよく釣れる「カジカ」。見た目は怪魚そのものですが、その迫力に魅了されてロックフィッシュを狙うアングラーの中でも非常に人気の魚種です! 釣り味にはやや欠けるものの、あの凶悪ヅラとサイズの大きさに病みつきになる釣り人も多いです。ロックフィッシュゲームに挑戦するなら、ぜひ釣ってみたい魚種の一つ...…

 

カサゴ(ガシラ)

 

全国の漁港で狙えるお手軽なロックフィッシュとして有名なのが、「カサゴ(ガシラ)」です。

アイナメやソイに比べるとサイズこそ小さめですが、漁港や防波堤のテトラポットの穴に潜んでいることが多いため専用タックルを使わなくても狙えるロックフィッシュです。

美味しい魚としても有名で、煮物や唐揚げにするととても美味しく釣り上げた後の楽しみも大きいです。

こちらもソイと同様、夜間に活性が高くなるため夜釣りで狙うのがおすすめ!

 

▼カサゴをルアーで釣る方法はこちら

簡単に釣れる「カサゴ(ガシラ)」の釣り方まとめ!餌・仕掛け・ルアー色々解説
2017.11.6
初心者でも簡単に、年中釣れるカサゴ(ガシラ・アラカブ)。主に障害物の隙間などに生息することから、根魚(ねざかな)の一種としてよく知られています。 冬でも良く釣れるので、釣り物の少ないシーズンには非常に人気の対象魚となります!堤防からでも30cmを越える魚体が釣れることもあり、引きが強く大変美味なため...…

 

キジハタ・アコウ

 

主に瀬戸内海を中心に狙える、大型ロックフィッシュの「キジハタ(アコウ)」。

希少な高級魚としても知られており、ロックフィッシュの中でも釣るのが難しい魚。日本海側では生息数が多いためよく釣れますが、瀬戸内海側では稀にしかヒットしません。

こちらも大型のアイナメ・クロソイに負けないアグレッシブな引きが魅力で、キジハタ専用のロッドが販売されるなど狙っている釣り人は多いです!

 

ロックフィッシュが釣れる時期

 

ロックフィッシュの魚種によって最適な時期は変わりますが、覚えておいて欲しいのが基本的に「産卵の時期に大型の個体が岸寄りする」こと。

漁港や防波堤から狙う場合、ハイシーズン以外だと一気に反応が乏しくなります。一方、特に産卵期を中心にサイズアップが狙えるため、それぞれの魚種の産卵時期の前後を狙うのがベスト。

ハイシーズン以外でも、夏枯れと呼ばれる真夏以外は一年を通して狙える魚が多いため、数釣りやサイズにこだわらなければ、通年で楽しめます。

 

ロックフィッシュゲームに必要なタックル

ロックフィッシュで使用するタックルの基礎知識

 

他のソルトルアーフィッシングに比べて、ロックフィッシュ釣りは特に根掛かりが激しく、地形の複雑な場所だと魚を掛けてから有無を言わさず引き剥がす必要があります。

ロックフィッシュ専用ロッドは非常にパワーがあり、かつ正確にルアーをコントロールできるよう6ft〜8ft前後の短めのロッドが多いのが特徴。

リールに関しても、ソルトルアーでは珍しく「ベイト(両軸)リール」がメインで使われることが多いです。スピニングに比べて巻取りパワーが強く、自由にワームをフォールさせられる特徴があります。

「HRF(ハードロックフィッシュ)」と呼ばれるジャンルだと、ロッド・リール・ラインともに大型のロックフィッシュを強引に根から引き剥がすパワーが第一に求められます!

 

スピニングタックル

 

遠投性に優れ、軽量ルアーでも自由自在に扱える「スピニングタックル」。

他のソルトルアーフィッシングと同じ感覚で使うことができ、細いラインを使ってもトラブルが少ないため初心者には最適!大型魚が掛かってもドラグが優秀なため、ラインを走られる状況ならキャッチ可能。

最近では20g前後のシンカーを背負える専用タックルも数多く販売されており、大型魚相手でも対処できるようになっています。

 

ベイトタックル

 

非常にパワーが強く、ロックフィッシュに主導権を与えない「ベイトタックル」。根回りでも強引なファイトが可能で、特に超大型狙いならベイト一択となります!

スピニングと違って機構的にキャスト時のトラブルが多いですが、最近の高級リールは内部に機械が仕込まれていて、使い方を覚えればスピニング以上に大遠投が可能になります。

20g以上のシンカーも難なく扱え、クラッチ一つでフリーフォールが可能なため、縦の動きに強烈に反応するアイナメを相手にする場合は非常に効果的。

本格的にロックフィッシュに取り組む場合は、ぜひ専用ベイトタックルを揃えたいところ。

 

ロックフィッシュが生息するポイント

続いて、ロックフィッシュが数多く生息するポイントについて紹介していきます!

魚種によって障害物に寄るタイプ、水中で小魚を追うタイプなど特徴が異なりますが、障害物には何かしらの魚は付いていることが多く、これらのポイントを積極的に狙うことで釣果アップが期待できます。

 

テトラポット・消波ブロック

 

テトラが折り重なってできたスポットじゃ、いわば障害物の重なる「ロックフィッシュの巣」のようになっており、構造が複雑になればなるほど大量の魚が潜んでいます。

テトラポットの近辺をルアーで探るのはもちろん、テトラポットの間にできた穴に直接ルアーを送り込む「穴釣り」も超効果的!

誰が見ても人目でポイントがわかるので、釣り人が多い地域だと釣り荒れてしまうことも多く、できるだけ人が少ないようなテトラ帯を狙うと思わぬ大物がヒットします。

 

防波堤・沖堤防

 

沖合に突き出した長い防波堤は、大型のロックフィッシュが集まるポイントです!障害物に乏しくとも、堤防そのものが大きなストラクチャーになっており、特に継ぎ目を中心にたくさんの根魚が潜みます。

重いシンカーを使った遠投なども効果的ですが、防波堤のヘチについた海藻類に思わぬ大型が潜んでいる場合も多く、足元であってもしっかり探ることが大切です。

船で渡してもらう「沖堤防」は魚のプレッシャーも少なく、大型のロックフィッシュを気軽に狙えるためこちらもおすすめ。

 

地磯・沖磯

 

地磯・沖磯は漁港や防波堤に比べるとエントリーが難しく、魚がヒットしてもやり取りが難しいので攻略には上級テクニックが求められます。

しかし!地形が複雑な場所が多く、特に沖磯など潮通しのよい場所だと超大型のロックフィッシュが釣れることも・・・!

磯の岩礁帯は昆布などの海藻類も豊富で、ロックフィッシュが好む小魚や甲殻類なども多く生息しています。まさに、ロックフィッシュの天国!といっても過言ではありません。

専用タックルやウエーダーも必要なため、上級者向きですが大型のロックフィッシュを狙って釣るには一番のポイント。

 

 

 

効果的なルアーとアクション方法・使い分け

甲殻系ワームを使ったアクション

 

ロックフィッシュと言えば、甲殻類!アイナメ・カサゴ・キジハタなど、テトラポットや海藻類、岩礁帯に潜んでいる根魚に効果的なルアーが甲殻系のワームです。

バスフィッシングで使用される、根掛かりを回避可能な「テキサスリグ」を使って根回りを探ると効果を発揮できます。専用フックの先端をワーム内部に収めることで、根がかりのリスクを極力防ぎます。

テトラポットの穴や海藻類の中にも積極的にワームを送り込み、根に潜むロックフィッシュを狙います。

アクションとしては色々なパターンがありますが、代表的なのは「リフト&フォール」。海底のワームを上下に激しく動かすことで、魚にしっかりとアピールしバイトに繋げます。

 

小魚系のワームを使ったアクション

 

小魚を中心に捕食するクロソイ・メバルに効果的なのが、小魚を模したシャッド系ワームのただ巻き。

基本的にはワームをリトリーブすることで魚を誘うことができるため、キャストしただ巻きするだけでも魚にアピールできます。

しかし、ロックフィッシュは表層を回遊していることが稀なため、障害物や穴などがある海底までしっかりワームを落とし込むことが大切です。

ロックフィッシュは状況によって潜んでいるレンジが異なるため、自分が今どのような層でルアーを引いているのかを意識しながら釣りをするのが釣果アップの秘訣となります。

 

ロックフィッシュで釣果を伸ばすコツ

ベイトタックルを効果的に使う

 

アイナメ・キジハタなど大型根魚は非常に引きが強く、磯などで大型の個体を狙う場合スピニングタックルでは力不足になってしまいます。

ロックフィッシュはルアーにヒットすると強い力で障害物に潜るため、魚に主導権を渡さないタックルとしてベイトタックルを使うアングラーも多いです。

ベイトリールはクラッチを切ることで簡単にフリーフォールのアクションも演出できるため、縦の動きが効果的なアブラコや岩礁帯の穴などに潜むキジハタを攻略する際には非常に効果的です。

ベイトタックルを効果的に使うことで、大型根魚でもヒットしてからのキャッチ率を向上させることができます。

 

PEラインと重いシンカーを使った遠投

 

ロックフィッシュは近年人気が高まっているため、以前よりも魚に対してのプレッシャーが高くなってきています。

根ズレに強くトラブルの少ないフロロカーボンラインが定番ですが、PEラインを使った遠投セッティングのタックルを使えば、手付かずのポイントを攻略できます。

私は10g以上のシンカーを快適にキャストできるミディアム以上のスピニングロッドにPEラインを巻いた2500番台のスピニングリールを使っています。

PEラインは飛距離だけでなく、テンションをかけている際の感度も高いため、クロソイなどを狙うスイミングの釣りはもちろん、アイナメやキジハタなど海底の状況をしっかり把握しておく必要がある釣りにも有効です。

先述したとおり、ロックフィッシュは根ズレが起こりやすい障害物周りに潜んでいるため、PEラインを使う場合はショックリーダーが必須となります!

 

おわりに

 

というわけで以上、「ロックフィッシュの攻略法とタックル」について紹介してみました!

近年は特にゲーム性の高い釣りが展開されており、初心者から上級者まで楽しめる釣りとなっています。全体的に美味しい魚ばかりなので、食味を求めて釣りをする人も多いです。

北海道・東北がメインフィールドとなりますが、関東・関西方面でも大型のロックフィッシュが釣れることもあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

関連キーワード
  • ロックフィッシュで使用する「リグ・仕掛け」の種類と使い方を徹底解説!
  • ロックフィッシュで良く釣れる「ワーム」は?選び方からおすすめ製品まで解説
  • 【最強】ロックフィッシュ専用ロッドの選び方は?状況別のおすすめロッドを解説
  • ロックフィッシュに最適な専用リールとは?ベイト・スピニングの選び方・おすすめ製品
  • 初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
  • ショアジギング
    ショアジギング徹底攻略マニュアル!タックル選び方から青物をヒットまでの全手順
    2017年12月17日
  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • チニング
    ”チニング”徹底攻略!クロダイ(黒鯛)をルアーで釣り上げるコツとタックル総まとめ
    2017年6月4日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場スポット22選を解説
    2017年12月14日
  • メバリング
    メバリング入門!初心者が最初の1匹を釣るためのコツ・タックルの揃え方を徹底解説!
    2017年12月17日
おすすめの記事