神戸周辺には神戸港を中心に複数の釣り場がありますが、今回紹介する「ポートアイランド北公園」は市街地から気軽にアクセスでき、様々な魚種が狙えるためホームグラウンドとして頻繁に通っています!

釣り場は水道のようになっているため、潮通しがよく青物・タチウオなど頻繁に回遊する実績ポイント。手すり・トイレ・自販機など設備も整っているため、ファミリーフィッシングにも超人気です。

今回は、「ポートアイランド北公園の釣りポイント・アクセス・釣れる魚種」について徹底解説していきます!これまで何度も通っているため、次回の釣りの参考にしていただけると思いますよ!

 

ポートアイランド北公園周辺の設備・アクセス紹介

アクセス方法・駐車場の有無

 

ポートアイランド北公園は、最寄り駅の「ポートターミナル」から徒歩10分の位置にあります。近くの三宮駅周辺から乗り換えて10分程度でたどり着くので、電車釣行にも最適の釣り場です!

地元住人は自転車で通っている人が多いですが、電車釣行か車で釣行する人が多いですね。

周辺には安い駐車場もあるので、車での釣行にも最適です。周辺の釣り場と比べても、かなりアクセスしやすい場所と言えます。

 

 

ポートターミナル駅を下車し、一番のシンボルである「神戸大橋」を南下して対岸にあるポイントへと向かいます。

駅の直下へ降りると、ちょうどポートアイランド北公園の反対側に位置する「第4突堤」で竿を出すこともできます。こちらはポイント自体狭いですが、釣り人も少ないのでおすすめです。

 

 

神戸大橋を降りると、ポートアイランド北公園の中心にある広場にたどり着きます。

ベンチなども多数あって、ファミリーフィッシングの場合、子どもが釣りに飽きても広場周辺で遊ぶことが可能。

ただしカップルなどギャラリーも多く、釣り場と離れているため大丈夫だとは思いますが、一応投げる際には毎回後ろを振り向くなど安全上の配慮はしたほうがいいです。

 

 

神戸大橋の真下には釣り場備え付けの駐車場があるので、車での釣行も気軽にできます!

24時間営業なので夜釣りも可能ですし、収容台数も十分な量なのでハイシーズン以外は満車になる心配もなし。「1時間150円」で利用できるので、価格的にも良心的です。

 

ポートアイランド北公園の設備紹介

 

続いて、ポートアイランド北公園周辺の設備紹介。神戸大橋を降りて西側へ向かうと、公園とトイレが設置されています。決して綺麗ではありませんが、問題なく利用できます。

中心の広場周辺には自動販売機が複数設置されているため、飲み物に困ることもありません!また公園には水道なども設置されているので、釣りが終わった後に手や釣具を洗うことも可能。

釣り場には、一部を除いて手すりが設置されているのでファミリーフィッシングでも安心です。唯一コンビニ等はないので、必要な買い物があれば事前に購入されることをおすすめします。

 

 周辺のトイレで「ヒアリ」の目撃情報があるので、公園に近づく際は要注意!絶対数が少ないので噛まれる危険性は少ないと思いますが、地べたで遊ぶなどは念のためしないほうがいいと思われます。

 

ポートアイランド北公園の釣りポイント

 

ポートアイランド北公園は、神戸大橋直下の広大なベランダと東西に伸びる二本の堤防が特徴的な釣り場です。

ベランダ周辺は潮の流れが早く、回遊魚などレアな魚も釣れるため人気で、かつ柵もあるためファミリーフィッシングにも最適です。

東側に伸びるI字の堤防には柵がなく、かつ潮の流れも緩めなので居付きの魚や小魚がメインになります。西側に伸びるL字型堤防はベランダ同様潮の流れが早く、常夜灯もあるため夜釣りで人気があります。

いずれも港内・内向きに向けてサビキ釣りでアジ・イワシなど小魚が期待できますし、チヌ・スズキ・カサゴ・メバルなど居付きの魚が釣り場全体で期待できます。

 

神戸側東端堤防

 

ポートアイランド北公園でも、唯一手すりのない東側の堤防。

といっても海面まで大した高さがあるわけでもなし、子どもでもライフジャケット着用なら安心して釣りができます。

どちらかというと奥まった場所にあり、回遊魚の釣果は期待できません。アジ・イワシなどの小魚、もしくはチヌ・スズキなど居付きの魚がメインとなります。

 

 

神戸大橋下のベランダ。角は潮通しがよく、タチウオシーズンにはたくさんの釣り人が並びます。

秋のシーズンには青物の釣果も期待できるし、晩秋の特定の時期には30cm以上の大アジが釣れるほど魚に恵まれたポイント。

都市部から近くて、かつこれほどレアな魚が釣れるポイントは早々ないので貴重です。

 

 

東側堤防も先端側は比較的潮通しがいいので実績が高いですが、その分早めに釣り場へ行かないとポイントが埋まってしまいます。

水深は手前で5m〜7mほどとそこそこ深くなっています。

 

 

サビキ釣りで実績の高い、内向きエリア。シーズンになるとたくさんの親子がこの場所に並びます。

頻繁に大型チヌ・スズキをの姿を見かけるので、釣ったアジ・イワシを餌にして「ノマセ釣り」をすると面白いかも・・・。

 

 

東側堤防先端から神戸大橋をのぞむ。そこそこスペースもあるので、秋のハイシーズン以外は釣り人でいっぱいになることは少ないです。

魚影は濃いが釣り場が狭くてすぐ埋まる「神戸空港」、釣り場自体はそこそこ広いが車が横付けできるため超人気の「兵庫突堤」に比べると遜色ないぐらい施設が整っている好釣場。

ハイシーズンでもどこかしらの隙間は空いているので、全体的に満員で入れないというリスクは少ないですね。

 

神戸大橋下ベランダ

 

続いて、メイン釣り場である「西側堤防」を紹介します。広大なベランダと、それに続くL字側堤防が特徴的で、ハイシーズンには端から端まで全て埋まってしまうほど人気です。

ベランダ前の水道部は非常に流れが早く、一度潮が飛ぶと軽いオモリではあっという間に流されてしまいます。

特に人の多いシーズンだと隣の釣り人とお祭りになってしまうこともあるので、ワンランク重量のあるオモリを用意しておくと重宝します。

 

 

ポートアイランド北公園の頭上にかかる「神戸大橋」ですが、夜間はライトアップされるため一帯が大きなストラクチャーとなります。明かりを目指して小魚が集まり、結果的に大型魚も集まってきます。

なお神戸大橋の周辺は大きな沈み根があるので、底を取ると根掛かりしてしまうため注意。

 

 

橋の真下にはちょっとしたワンド状のポイントがあって、回遊魚は中まで入ってきませんがサビキ釣りなどで小魚が期待できます。

また、思わぬ大型チヌ・スズキが入っていることもあって、堤防際で落とし込み釣りなどをすると簡単にヒットすることも。

この周辺は異様に「ナルトビエイ」が多くて、間違えてヒットすることもあるので注意。やたらとパワーがあるくせに、機械に引っ張られているかのような引きの場合は大抵エイが正体です。

 

 

神戸大橋下のベランダ。潮の流れが早く青物・タチウオの釣果が期待できるため、ハイシーズンにはすぐいっぱいになります。

 

 

ベランダに続くL字型堤防の入り口。

マニアックな話ですが、L字型堤防入り口の角は東向きに流れる潮のとき、ちょうど浮遊物が集まる形になってプランクトンなども流れ着くため、アジ・根魚などの小魚がたくさん着くようになります。

西向きの流れだと全面的に潮が当たるため釣れなくなるんですが、東向きだとルアー・サビキ釣りで爆釣も期待できるので、「角付近の浮遊物が溜まってないか」見ながら釣ると数釣りが楽しめます。

 

 

ベランダと比べると、流れが緩いためポイントがバラけがちなL字型堤防。

20m〜30m先の位置にカケアガリがあり、特にルアーや投げ釣りの場合は極力遠投すると釣果アップが期待できます。ただし船の往来が激しいため、注意して釣りをしてください。

流れの方向によって堤防付近に「流れのヨレ」が発生することがあり、餌が溜まるためアジ・イワシの釣果が期待できますし、それらを追って青物・タチウオなども寄ってきます。

 

 

L字型堤防には規則的に「常夜灯」が設置されていて、状況によって点灯する位置が変わります。

常夜灯周辺の明かりでタチウオ・アジなどが寄せられて思わぬ釣果が期待できるため、夜釣りをする場合は「どの常夜灯が光るか」を予測して場所取りすると釣果を伸ばすことができます。

ただ、手前3つか4つ以降はどの場所が点灯するか常連でもわからないため、とりあえず常夜灯の周囲に場所取りをしておくといいでしょう。

 

 

L字型堤防の先端。内向きでもサイズは小型ですが、アジ・イワシを中心にカサゴ・メバルなどの根魚、初夏〜秋のシーズンにはタコも狙うことができます。冬は夜釣りでアナゴが釣れることも有名です。

どちらも水深は深いですが、外向きのほうが魚影も濃いため基本的には柵側で竿を出すことをおすすめします。

 

おわりに

というわけで、以上「ポートアイランド北公園の釣りポイント・アクセス・釣れる魚種」について解説してみました!

周囲にも素晴らしい釣り場は複数ありますが、なんといっても都市部から簡単にアクセスでき、かつ様々な魚が狙える点が魅力的な釣り場です。自身も頻繁に通っています。

特に、柵がある釣り場は明石方面まで走るか、尼崎の釣り公園周辺しか存在しないためファミリーフィッシングに向いた釣り場ですね。ぜひ、休日はポートアイランド北公園で竿を出してみてください。

 

それでは!

 

▼兵庫県内で釣りに最適なスポットを全てまとめてみました。詳しい特徴などもまとめているので、ぜひ参考にしてください!

【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場スポット22選を解説
2017.12.14
兵庫県には、住宅街からほど近い阪神間の堤防群、海水浴場と隣接した須磨海岸、明石海峡の激流など都会の近くにありながら、多種多様な魚が釣れる環境が揃っています。 今回は、10年以上この海域で釣りをしてきた自分の実体験をもとに、素晴らしい兵庫県の釣り場の数々を順番に紹介していきます! それでは阪神間の釣り...…
  • 【釣り場解説】西宮浜の釣りポイント・アクション・釣れる魚種まとめ
  • 【釣り場解説】鳴尾浜臨海海づり公園の釣りポイント・アクセス・釣れる魚種まとめ
  • 【釣り場紹介】アジュール舞子の釣りポイント・アクセス・釣れる魚種まとめ
  • 【釣り場解説】武庫川河口の釣りポイント・アクセス・釣れる魚種まとめ
  • 【釣り場解説】武庫川一文字の釣りポイントと狙いたい魚種・アクセスまとめ
  • 【淡路島の釣り場】「沼島」の釣りポイント・アクセス・現地情報まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場スポット22選を解説
    2017年12月14日
  • メバリング
    メバリング入門!初心者が最初の1匹を釣るためのコツ・タックルの揃え方を徹底解説!
    2017年12月17日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • ショアジギング
    ショアジギング徹底攻略マニュアル!タックル選び方から青物をヒットまでの全手順
    2017年12月17日
  • チニング
    ”チニング”徹底攻略!クロダイ(黒鯛)をルアーで釣り上げるコツとタックル総まとめ
    2017年6月4日
  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
おすすめの記事