神戸の市街地からすぐアクセスでき、様々な魚種を狙える「ポートアイランド北公園」。トイレ・自販機などの設備も一通り揃っており、ファミリーにも人気!

晩秋に釣れる名物の「大アジ」を中心に、タチウオ・青物などレアな魚種が多く釣れることでも有名で、ハイシーズンになると入る隙間もないほど混雑することも。

神戸周辺で釣り場に悩んでいるなら、ぜひポートアイランド北公園へ!駅から歩いて行けるので、電車釣行にもおすすめですよ。

 

ルアー釣り
エサ釣り
ファミリー向け
トイレ 徒歩5分
釣具店 なし
駐車場 あり

ポートアイランド北公園の釣りポイント

 

ポートアイランド北公園のポイントは、朱色が特徴的な神戸大橋直下にあるベランダと、東西に伸びる2本の堤防で成り立っています。

正面のベランダ周辺は対岸までの距離が短く、潮流が非常に早いため回遊魚の実績が高いです。ただし海底に障害物が多く、根掛かりが激しいので要注意。

ベランダには手すりが存在しますが、東に伸びるI型の堤防にはありません。潮の流れが緩めなので、港内を中心にアジ・イワシなど小魚が良く釣れます。

 

反対側にあるL字堤防は比較的潮の流れが早く、常夜灯が何箇所かに設置されているため、青物やタチウオの釣りポイントとして人気。

北公園周辺は強風で荒れることも多いんですが、西側のL字堤防なら風向きによって避けることもできるので、海が荒れているときにも使えます。

大物狙いには正面ベランダかL字型堤防外側、サビキ釣りなど小物狙いにはI字堤防の外・内両方かL字堤防の内向きがおすすめ。

 

神戸大橋下ベランダ

 

ポートアイランド北公園のメイン釣り場である「神戸大橋下のベランダ」。奥に見えるのが西側にあるL字堤防です。

ベランダ前の水道部は非常に流れが早く、大潮だと軽いオモリではあっという間に流されてしまうほど!攻略するにはそれなりの道具が必要になります。

ハイシーズンだと入る隙間がなくなるほど混雑し、隣の釣り人とお祭りになってしまうこともあるので重量のあるオモリを用意しておくと重宝します。

 

 

ポーアイ北公園の頭上にかかる「神戸大橋」ですが、夜間はライトアップされるため、明かりを目指して小魚・タチウオなどの魚が集まってきます。

神戸大橋の直下は大きな障害物があり、底へ沈めると一瞬で根掛かりしてしまうため要注意です。

 

 

神戸大橋の真下にはワンド状のスペースがあって、障害物を好む大型クロダイ・スズキがよく釣れます。ルアー釣りや落とし込み釣りなら簡単に釣れますよ!

春〜秋の時期には異様に「ナルトビエイ」が多く回遊しており、引っかかってしまうとリールの釣り糸を全部出されてしまうので要注意です。

 

東側I型堤防

 

ポートアイランド北公園で唯一手すりのない東側のI型堤防。特に港内でのアジ・イワシの実績が高く、秋以降は大型サイズが回遊することも!

外側では正面ベランダと同様に青物・タチウオなどの回遊魚が期待できますし、岸壁沿いを探れば大型のクロダイ・スズキが釣れることも。

 

 

周辺は頻繁に小型〜中型船が行き来するため、水深は手前で5m〜7mほどとそこそこ深くなっています。

 

 

サビキ釣りで実績の高い、I型堤防港内の最奥エリア。シーズンになると大量の小魚が回遊し、魚の群れを見ながら大量の小魚を釣り上げることができます。

さすがに回遊魚はここまで入ってきませんが、秋以降になると小魚を追って大型スズキの姿をよく見かけるので、小魚を餌にして飲ませ釣りをすると面白いかも・・・。

 

西側L型堤防

 

反対側のL字側堤防に来ました。こちらは全体に柵がかけられており、途中何箇所かに常夜灯があるため、小魚やタチウオなどの魚が集まりやすくなっています。

L字型堤防入り口角は潮が東向きに流れるとき、浮遊物やプランクトンが集まるため、アジ・根魚などの小魚がよく釣れるようになります。

ルアー・サビキ釣りで爆釣も期待できるので、「角付近の浮遊物が溜まってないか」見ながら釣ると数釣りが楽しめますよ。

 

 

20m〜30m先の位置にカケアガリがあり、ルアーや投げ釣りの場合は遠投すると釣果アップが期待できます。ただし船舶の往来が激しいため、注意してください。

流れの方向によって堤防付近に「流れのヨレ」が発生することがあり、餌が溜まるためアジ・イワシの釣果が期待できますし、それらを追って青物・タチウオなども寄ってきます。

 

 

L字側堤防に設置された常夜灯。夜釣りをする場合は、常夜灯付近に陣取って釣りをしたいところ。ただ他の釣り人も殺到するので、早めに場所取りをする必要があります。

ただし!どういうわけか、訪れる日によって点灯する位置が変わるため、早めに場所取りをしても暗くならないと判明しない謎仕様になっているため、要注意です。

手前の3つ・4つの常夜灯はいつ訪れても点灯しているので、可能ならこちらに釣り場を構えましょう。

 

 

L字型堤防の先端。I字堤防ほどではありませんが、港内でもアジ・イワシなどの小魚、カサゴ・メバルなどの根魚が期待できます。

初夏〜晩夏にはマダコが釣れることもあり、冬には夜釣りでアナゴも期待できます。何かと釣り物が多いので、釣り道具を多めに持っていくと色々楽しめますよ。

 

ポートアイランド北公園周辺の設備・アクセス紹介

ポートアイランド北公園の設備紹介:トイレ

 

ポートアイランド北公園内には公衆トイレが設置されているため、ファミリーフィッシングにも安心!中心の広場には自販機も設置されています。

公園内には水道もついているので、釣りが終わったあとに手を洗うことも可能。少なくとも設備面で困ることはありません。

ただし周囲にコンビニはないため、必要な買い物があれば事前に済ませておきましょう。

 周辺のトイレで「ヒアリ」の目撃情報があるので、公園に近づく際は要注意!絶対数が少ないので噛まれる危険性は少ないと思いますが、地べたで遊ぶなどは念のためしないほうがいいと思われます。

 

アクセス方法・駐車場の有無

 

ポートアイランド北公園は、「ポートターミナル駅」から徒歩10分の位置にあります。三宮駅から乗り換えて10分程度でたどり着くので、電車釣行にも最適です。

周辺には安い駐車場もあるので、車での釣行にも最適です。周辺の釣り場と比べても、かなりアクセスしやすい場所と言えます。

 

 

ポートターミナル駅を下車し、一番のシンボルである「神戸大橋」を南下して対岸にあるポイントへと向かいます。車でも同様に神戸大橋を南下しましょう。

 

 

神戸大橋の真下には備え付けの駐車場があるので、車での釣行も安心です。周辺は警察の巡回が多く、路駐していると危ういので駐車場の利用をおすすめします。

24時間営業なので夜釣りも可能ですし、収容台数も十分な量なのでハイシーズン以外は満車になる心配もなし。「1時間150円」で利用できるので、価格も良心的。

 

 

駐車場を正面に進むと、ポートアイランド北公園の中心にある広場にたどり着きます。ベンチが多数設置されており、釣りに飽きた際の暇つぶしや休憩に最適です。

この場所は釣り場というより「観光地」に近く、ギャラリーが多いため、一応仕掛け・ルアーを投げるときは毎回振り返るなど安全上の配慮はしたほうがいいでしょう。

 

おわりに

▼兵庫県内で釣りができるスポットを下記に全てまとめてみました!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事