魚影が濃い明石海峡の釣り場の中でも、特に人気の「大蔵海岸」。釣り場全体に手すりがあって、トイレ・自販機もあるのでファミリーフィッシングにピッタリ!

サビキ釣りでの小物釣りから始まり、初夏以降は青物を釣り上げることも可能。晩秋以降は1m超の青物も釣れるなど、ロマンにあふれる釣り場です。

周辺には24時間スーパーや温泉もあるので、食材・氷の調達から休憩もできます。素晴らしい環境で釣りをしたいなら、ぜひ大蔵海岸へ!

 

ルアー釣り
エサ釣り
ファミリー向け
トイレ 徒歩5分
釣具店 まるは釣具明石店
駐車場 あり

 

大蔵海岸の釣りポイント

 

大蔵海岸は西・中央・東に分かれたベランダが主要なポイントとなります。河口や砂浜など変化があるものの、基本的にはどこで竿を出しても釣れます。

ルアー釣りの場合は、中央に川の流れ込みがあるのでシーバス・クロダイなどの魚が集まってきやすいのと、沖に大きなシモリがあるので大物の巣窟となっています。

人気の釣り場なので、ハイシーズンになると堤防の先端や角はあっという間に埋まってしまいます。可能なら、早めに場所取りをしておきたいですね。

 

東側L字堤防

 

大蔵海岸の中でも最東端にある堤防。L字型の護岸になっていて、手前には堤防の角近くまでテトラが続いているため、根掛かりに注意が必要です。

南東向きの角は人気ポイントになっていて、朝マズメ・夕まずめ付近は常に常連のおじさまたちが釣りをしています。

 

 

テトラの下まで降りることはできないため、テトラ越しに釣りをすることになります。万が一大物を掛けてしまった場合は、諦めざるを得ないかも。

護岸の上から穴釣りをすると、思わぬ大物が釣れるかも!?

 

 

L字型堤防の南面は潮通しがよく、青物の釣果が期待できます。護岸沿いには魚が姿を潜める大きな穴があるので、カンダイ・クロダイなど大物が釣れることも。

秋以降は大型カレイの実績もあるため、投げ釣りをしている人も見かけます。明石海峡の海だけあって非常に潮流が早いので、攻略には35号以上のオモリが必要です。

手前は意外に水深が浅く、堤防から10m程度までは底に大きなシモリがあるため、頻繁に根掛かりします。投げ釣りをする場合は注意しておきましょう。

 

 

L字護岸の南西角から、途中にある小波止が見えます。たまに小船で乗り付ける人を見かけますが、完全立ち入り禁止になっているので注意。

 

 

L字護岸のすぐ西にある「大蔵海岸海水浴場」。夏場のシーズンになると、海水浴場として開放されるため、親子で来て海水浴を楽しむ人も。

砂浜からキスなど小魚を狙えますが、基本的には期待しないほうがいいです。ただし秋の青物シーズンになると、稀に砂浜まで入り込んで小魚を追う姿を見られることも。

過去にはこの砂浜から投げて大爆釣した常連さんもいたようなので、青物シーズンには要チェックです。

 

中央護岸・ベランダ

 

続いて、大蔵海岸のメイン釣り場・中央護岸を紹介します!L字護岸と同様に非常に潮の流れが早く、青物を中心に様々な魚を釣り上げることができます。

全体的に手前の水深は浅く、4m程度。東向きの先端は海藻が多く、頻繁に根掛かりが発生することも多いためルアー釣りの場合は注意しておきましょう。

 

 

中央護岸の西向き。奥には河川が流れており、一部汽水域になっているためアジ・イワシなど小魚が多数集まり、それらを追って大型青物が集まってくることも。

河口の数十m奥には大きなシモリがあり、1m超のブリ・サワラが潜んでいることも。噂では、堤防からキハダマグロなどがヒットすることもあるらしい・・・!

秋のタチウオシーズンには、この先端でだけ10匹以上連発ヒットした経験もあるので、場所があいていれば真っ先に釣座を確保したいところ。

 

 

大蔵海岸の中央を流れる河口沿いの護岸。調べた限りでは天然の川ではなく、少し上流にあるポンプ場から流れ着いているようです。

周囲では貴重な淡水の流れ込みがあるエリアで、明石エリア特有の「夜サバ」「夜青物」などの実績もあり、汽水域を好むサヨリなどもよく釣れます。

小魚狙いの常連さんは、両岸どちらかで竿を出している人が多いです。小物釣り中心なら積極的に狙ってみると面白いかも。

 

西側堤防

 

続いて、川を挟んで反対側の「大蔵海岸西側護岸」を紹介していきます。釣り場の真裏に24時間スーパー、近くにトイレや自販機があるなど設備が充実しています。

地形的な変化はほとんどないので、どちらを選んでもOK。ファミリーフィッシングではやはり西側のほうが人気ですね。

 

 

中央堤防と同様、南東角は潮通しが非常に良く、青物など回遊魚の実績が高いです。他に棲家でもあるのか、10m程度先の位置で根魚がよく釣れます。

ただし夏場のハイシーズンになると、午前3時頃に到着してもポイントが埋まっていることがあるので、確実に釣り座を確保したい場合は通し釣りも覚悟しないといけません。

 

 

南東角から数百m続く西側堤防。かなりスペースがあるので、ハイシーズンの土日以外なら「釣座を確保できない」ということはまずないかと。

 

 

西側堤防の最奥部。こちらはあまり人気がありませんが、逃げ込む小魚を追って青物の回遊もありそう、と睨んでいます。実際に釣れるかどうかはわかりません。

 

 

奥は砂浜になっており、「大蔵海岸公園」として整備されているので釣りは禁止。

 

 

大蔵海岸の水中の様子が知りたい!と思ったので、防水カメラの「GoPro HERO5」を使用して水中映像を撮影してきました。参考程度にどうぞ!

 

大蔵海岸周辺の設備・アクセス紹介

大蔵海岸の設備紹介:トイレ・24時間スーパー・自販機

 

大蔵海岸の充実した設備も合わせて紹介しておきますね。大蔵海岸西側の真裏には、公衆トイレ・自販機が設置されていて、万が一のときにも安心!

 

 

西側釣り場のすぐ真裏にある、24時間営業のディスカウントスーパー「LAMU」。店内はかなり広大で、食料品・飲料はもちろん氷なども販売しています。

格安でブロック氷を購入できるので、大蔵海岸へ釣りに行く場合は必ず立ち寄って買い物をしています。

 

アクセス方法・駐車場の有無

 

大蔵海岸は「JR朝霧駅」から徒歩5分の位置にあるので、電車釣行に最適な釣り場です。周辺には釣具屋もあるので、気軽に立ち寄って釣りができます。

車で訪れる場合でも、駅の北側に数ヶ所駐車場があって、徒歩10分程度でアクセスできます。詳細な場所は下記リンクから確認してください。

釣り場自体は非常に広いものの、人気ポイントは早朝に埋まってしまうので、早めに訪れるのがベスト。

▶大蔵海岸周辺の駐車場

 

おわりに

▼兵庫県内で釣りができるスポットを下記に全てまとめてみました!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事