アジを使って泳がせ(ノマセ)釣りをしよう!仕掛けと釣るコツを解説

堤防で小アジが釣れたら、専用仕掛けにセットして投げ込んでみよう!「ノマセ釣り」なら小魚を狙って思わぬ大物が釣れるかも・・・!?

普通に狙うと難しいブリ・ハマチなどの青物も、いつもの釣具と専用仕掛けを用意して小魚をセットすれば、意外と簡単に釣れてしまいます!

今回は、小アジなど小魚を使ったノマセ釣りの仕掛け解説・青物を堤防から釣る方法を徹底解説します!ぜひ、サビキ釣りのついでに狙ってみてください。

 

ノマセ釣りとは?小魚を釣って大物を狙おう!

 

ノマセ(飲ませ)釣りとは、その名のとおり小魚を泳がせて大物を狙う方法。最近はルアー釣りが流行っていますが、本物の小魚で狙ってほうが10倍以上釣れる確率が上がります!

ブリ・ハマチなど青物を中心に、小魚が大好きなスズキ・ヒラメ・根魚など多種多様な魚が釣れるほか、堤防からの飲ませ釣りで1m超の大物が釣れることも!手軽にできて、ロマンのある釣りなんです。

最初から大物を狙う場合は、専用の釣具を用意しておくと安心。ただ、あくまで「ついで」で狙うのであれば、最低限魚を取り込むタモ網さえあれば手元の釣具で十分楽しめます。

 

ノマセ釣りで大物を釣るまでの手順
  1. サビキ釣りで小アジを必要な匹数確保する
  2. 小アジをバッカン(エアーポンプ付き)で活かしておく
  3. 専用の飲ませ釣り仕掛けにアジをセットして投げ込む

ノマセ釣りで使用する釣具(竿・リール・釣り糸など)

  • ロッド:磯竿3〜5号
  • リール:スピニングリール4000〜6000番
  • ライン:PE1.5号〜3号
  • ハリス:フロロカーボン10〜14号
  • 仕掛け:専用ウキ釣り仕掛け、エレベーター仕掛け

 

常に大物が相手になるので、できるだけ強力な釣具を用意するほうが安心してやり取りができます!普段のサビキ釣り竿でも意外とパワーがあるので使えますが、専用釣具セットがあると安心。

堤防からの釣りなら普段の釣りセットで問題ありませんが、もしテトラ際など障害者がある場合、魚に走られると釣り糸が擦れて「ブチッ!」と切れてしまう恐れがあるので強力な釣具を用意しましょう。

基本的に投げなくてもよいので、オーバースペックぐらいの釣具を用意するぐらいが十分。ベテランの釣り師は磯竿5号+リール5000+ PE2号という超強力な仕掛けで大物を狙っています。

 

ノマセ釣りの仕掛けを解説

ノマセ釣りをするためには、大型魚の引きに耐えられるよう専用仕掛けを用意する必要があります。この仕掛けには大きく分けて2種類あって、それぞれで狙い方が変わってきます。

 

ノマセ釣りの種類
  1. ウキ釣りでノマセ釣り
  2. エレベーター(胴付き)仕掛けでノマセ釣り

 

ウキ釣りでノマセ釣りをする場合

▲ウキ釣り専用仕掛けを使うと、すぐに釣りを始められる。

 

ノマセ釣りで最もポピュラーな「ウキ釣り」。大型のウキに小アジをセットしますが、専用仕掛けは大物が掛かったときだけ沈むようになっているので初心者でもアタリがわかりやすいです。

小アジは底が大好きな魚なので、可能な限り沈もうとします。ウキ釣りでタナをセットしておけば底を泳いで仕掛けが根掛かりすることもなく、ダイナミックにアタリがわかるのでめちゃくちゃ面白いです。

どうしても流れが激しいとウキが動いてしまい、隣の人とお祭りしやすい・・・という欠点もありますが、何より狙ってい楽しいので初心者ほどおすすめします!

 

 

一定の水深があれば堤防から10m程度の位置で青物が釣れるので、ウキの動きがわかりやすいです。アジの動きだけでは完全に沈まないので、一気に沈んだ=大物がヒットしたということになります。

大物がアジに近づくと、ビックリして「助けてー!」と慌てて逃げようとします。ずっとウキが静かだったのに、突然ぴょこぴょこしだしたらアタリの前兆なので見逃さないようにしましょう!

 

エレベーター仕掛けの場合

「エレベーター仕掛け」は一見すると通常の胴付き仕掛けに見えますが、針の部分が自由に動くようになっているためアジの動きに合わせて勝手にタナが変化していきます。

ウキ釣りの場合はどうしても「ウキ下」の設定が必要で、どのタナで釣れるか最初はわかりづらいです。その点、エレベーター仕掛けなら自由に動くので気にする必要なし!

流れがあっても、一つの場所にアジを留まらせることができます。特に底を泳いでいるヒラメ・マゴチ・根魚を狙うときに最適な仕掛けといえますね。

ただ常にオモリが着底している状態になるので、根掛かりしやすいです。専用仕掛けはオモリの部分だけ切れやすくなるよう細糸になっていますが、何度も根掛かりしてはいくらオモリがあっても足りません。

 

ノマセ釣りで必要な道具

▲写真には映っていないが、大型のエアーポンプを常備しているためアジも元気!

 

この釣りで最も重要なのは、大型魚を釣ることではなく「いかにアジを確保&活かしておくか」だったりします。肝心の青物は回遊しているのに、餌のアジが釣れない!なんてことが頻繁にあるんです。(笑)

餌のアジはサビキ釣りで狙うほかに釣具屋で調達することもできますが、長時間活かしておくには「バッカン+エアーポンプ」が非常に重要になってきます。

アジが元気であるほど魚が掛かりやすくなるので、少し大きめのバッカン+長時間駆動のエアーポンプがあれば安心。水量が少ないと水温が変化しやすいので、最低2時間に1回入れ替えを行うとGood!

 

 

ノマセ釣りは「待つ」釣りなので、竿を手で持っておくか堤防に置いておくことになります。

堤防に直置きすると釣り糸が擦れて切れやすくなるので、「投げ釣り用の三脚」を用意しておくと便利に使えます。

 

 

アジを釣り針にセットする方法

アジの釣り針セット方法
  • 背掛け(動きが良いが短時間で弱ってしまう)
  • 口掛け(動きは鈍いが長時間弱りにくい)

 

小アジを泳がせるノマセ釣りでは、針のセット方法によって魚の泳ぎや弱り方が変わってくるので、超重要なんです!基本的には2種類の方法がよく使われています。

基本は「背掛け」を使用することが多いんですが、どうしても身に直接針をセットするのと、回収時に抵抗が大きいので弱りやすいです。ただ動きはいいので魚がヒットしやすいのが特徴。

口掛けはいまいち動きが良くないんですが、長時間弱りにくく1時間程度ず~っと生きていることもあります。ただ針のセット方法を間違えると簡単に外れるので注意。

 

針の掛け方はどっちでもOKですが、40分ほど泳がせていると次第に弱ってきて動きが悪くなります。メインターゲットの青物はアジが死んでいると食わないので、交換が必要です。

酸欠で死んでしまうこともあるので、動きが悪くなったら新しいアジと交換します。かわいそうですが、死んでしまったアジは持って帰って唐揚げにすると吉!

 

 餌のアジは自分で調達する意外にも、釣具屋さんで購入するという方法もあります。価格は1匹20円〜150円程度と店によって全然違います。他の釣り餌と比べてレアなので、事前に在庫確認をしておくと安心です。(※場所によっては要予約の場所もあるので注意)

 

堤防から飲ませ釣りで青物を釣るためのコツ

朝マズメが最も釣れやすい時間帯なので狙うべし!

 

青物は回遊魚なので、「お腹が空いた時間帯」だとバタバタ堤防際にやってきて一通り食ったら沖に帰っていきます。とある水族館の研究では、ハマチは1日のうち早朝に8割分の餌を食べるそうです。

もしノマセ釣りで青物を狙いたいなら、絶対に「朝マズメ」の時間帯は欠かせません!ただ餌のアジがないと釣りにならないので、夜中に確保しておくか釣具屋で購入する必要もあります。

難しければ、早朝にアジを確保してお昼以降に狙っても釣れることは釣れます。ただ、「絶対に青物を釣りたい!」と思ったら朝マズメは絶対に狙いたいので、なんとかアジを確保しましょう。

 

潮回りが良く「小魚が溜まりやすい」ポイントを選ぶ

 

基本的に大潮ほど潮流が激しくなるので、魚の活性が上がり大物が釣れやすくなります。堤防では可能な限り潮回りのいい「堤防の先端で狙え!」がセオリーなんですが、ノマセ釣りはちょっと異なります。

青物は小魚を追い詰めるため、最低限の水深があれば堤防のすぐ目の前まで回遊してきます。弱った小魚を泳がしてつるので、堤防までやってきた青物を狙うと初心者でも簡単に釣り上げることができるんです。

そのためには、「青物が追いつめやすい、適度に潮回りがよくて狭い場所」を狙うと釣果をあげやすいです!最初は探すのにコツがいりますが、上記の写真を参照しつつポイントを探してみてください。

 

回遊がなければ釣れないので、ひたすらアジを投入することが重要!

回遊魚は他の定着性の魚と違って常に大海原を泳いでいるので、堤防付近に魚がいなければいくら投げても釣れません。魚のいない池に餌を放り込んでいる状態ですが、気まぐれにバタバタ釣れることも。

青物を仕留めるためには、回遊があろうとなかろうと「常に仕掛けを投げ込んでおく」ことが重要!

5時間釣りをして全くアタリがない・・・と思って仕掛けを回収した瞬間、隣に1m超のブリがヒット!ということが普通にあるので、餌が尽きない限りはできるだけ仕掛けを投げ込んでおきましょう。

 

最後に

今回は、小アジを使ったノマセ釣りの方法を解説してみました!

初心者でも小魚を使って手軽に大物の引きを堪能することができ、時期によっては身近な堤防で1m超の青物が釣れることもある・・・という素晴らしくロマンのある釣りです。

最初は手元の釣具+ノマセ釣り用の道具で十分狙えるので、ぜひ挑戦してみてください!そして、もし青物釣りにハマったら堤防からルアーで狙う「ショアジギング」という釣りも超おすすめ。

多少の初期投資は必要ですが、凄まじい青物の引きを堪能できるのでこちらもハマること間違いなし!

 

▼堤防からルアーをぶっ飛ばして青物を狙う「ショアジギング」の方法はこちら!

【ショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説
2018.2.17
豪快な専用タックルを背負い、100g程度のメタルジグを磯や堤防からぶん投げて、ブリ・カンパチ・ヒラマサなど超強烈な引きを魅せる青物を狙う・・・それが「ショアジギング」最大の魅力です! まさに「漢の中の...

スポンサードリンク












エサ釣りの関連記事
  • アジを使って泳がせ(ノマセ)釣りをしよう!仕掛けと釣るコツを解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
  • チニング
    【チニング入門】初心者でもクロダイ(黒鯛)が釣れる!釣り方とタックルを徹底解説!
    2018年3月7日
  • ショアジギング
    【ショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説
    2018年2月17日
  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
  • メバリング
    【メバリング入門】初心者でも簡単に釣れる!タックル選びから仕掛けまで徹底解説
    2018年3月3日
  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場22選を解説
    2017年12月14日
おすすめの記事