主にナイトゲームで狙うことの多いメバリングでは、常夜灯など明かりの有無が釣果に直結します。なかでも月明かりは釣り場全体に影響を及ぼすので、超チェック!

潮流が最も早くなる大潮のタイミングで釣行すると、新月・満月どちらかの状況で竿を出すことになります。明かりの度合いが全く異なりますが、果たしてどのような影響を及ぼすのか?

今回は、月明かりがメバリングに与える影響と新月・満月どちらが好影響を与えるか?という点について解説していきます!

 

満月はポイントが分散して悪影響なことが多い

 

状況によっても変わりますが、一般的に満月の状況だと釣り場全体を明るく照らしてしまい、食いが渋くなるうえにポイントが分散するので釣りにくくなることが多いです。

ナイトゲームでは、デイゲームと比べて明かりなど目に見えるストラクチャーが増えます。常夜灯直下にプランクトンが溜まり、それらを追って明暗エリアにメバルが溜まるわけです。

しかし満月の状況だと明かりが霞み、プランクトンが全体に散らばってしまいます。結果的にメバルの居場所も分散してしまうので、狙って釣るのが非常に難しくなってしまいます。

高水温で活性が高い状況なら、大抵釣り場にアミ類が確認できるはず。メバルがあまりいないポイントまで移動して、海面を確認してみましょう!

満月なら月明かりで簡単に判別できるはずなので、メバルの餌となるベイトは表層に浮いているか?をチェックすることで釣れるかどうかザックリ予想できます。

 

満月の明るい月明かりでメバルを釣り上げる方法

▲明かりで生まれたシェード(陰)を積極的に狙う

 

真っ暗闇のポイントほど悪影響を受けやすいんですが、一方で過去の経験から係留船・磯など目に見える障害物の裏にある「シェード(陰)」に固まる傾向も見られますね。

通常だと常夜灯など変化のない場所でも、満月の月明かりで障害物周辺に陰ができ、身を隠すためにメバルが固まります。

満月で釣りにくくなるといっても、活性が下がるだけで必ず釣れないわけではありません。月明かりでできたシェードを周辺を探ってみることで良い釣果が得られることもあります。

 

シェードを狙うほかに、満月の状況でボトムまで沈んでしまったメバルを釣り上げる・・・という方法もあります!

通常なら夜間になると餌を捕食するために表層まで上がってきますが、月明かりが強烈すぎると明かりを嫌って底付近まで沈んでしまいます。

特にストラクチャーが絡むボトムエリアは1級ポイントで、通常では夜間になかなか釣れないようなポイントでも反応が得られます。

 

メバルを数釣りするなら新月回りに狙おう

 

確実にメバルを釣りたいなら、満月を避けて新月回りを選ぶと確実に釣果を上げることができます!満月回りでも十分釣れますが、やはり安定して釣れるのは新月。

メバルは警戒心の強い魚で、特に大型ほど天敵の存在を嫌うので釣り場が暗いほうが釣れやすくなります。常夜灯周辺ではなくて、奥の暗いエリアで餌を待ち受けているわけです。

釣り場全体が暗くなり、常夜灯周辺にハッキリした明暗ができるためポイントが明確になります。狙うべきポイントがしっかり定められるので、確実にメバルを釣り歩くことが可能に!

 

満月・新月と大潮の関係

潮汐の大潮は、月・地球・太陽が一直線に並ぶことによって引力・自転のパワーが最大になり、海面が引っ張られて干満の差が激しくなります。

一定周期でそれぞれの位置がかわるため、大潮時には必ず満月・新月のどちらになるわけです。ある週は満月で大潮、ある週は新月・大潮と周期的に変わっていきます。

大型メバルほど潮流の早さが釣果に直結するので、「大潮+新月」の状況が最も釣れやすくなります!必ずこのタイミングで釣行しないといけないわけではありませんが、頭には入れておいてください。

 

最後に

というわけで、以上「月明かりがメバリングに与える影響と、それぞれ新月・満月でのメバル攻略法」を解説してみました!

できれば釣行前に新月・満月を見極めて釣行したいところですが、いくら気軽にできるといっても新月だけ狙ってメバリングができる人は少ないと思います。

確かに新月のほうが好調なことが多いですが、満月下だと活性が下がるだけで釣れないわけではありません。

月明かりでできたシェードやボトムを中心に攻めることで反応を得られるので、積極的に色々なポイントを探ってみてください!

 

▼メバリングの基礎知識・具体的なタックル・アクションについてはこちら!

スポンサードリンク












釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事