メバリングでは、魚のアタリを伝え取り込めるか否かを決める「ライン」の選択は超重要!特にライトタックルがメインとなるので、ラインの感度と強度が釣果を大きく左右します。

釣り用ラインには「ナイロン・フロロ・エステル・PE」の4種類あるわけですが、メバリングをする際に自分の用途に合わせて素材・メーカーを選ぶことができます。

釣り方やポイントの特徴によって使い分けると釣りの幅を広げることができ、釣果をアップさせることも可能!

今回は、「メバリングをするにあたっておすすめのラインを徹底比較」してみたいと思います。10年メバリングをやってるので、多少なりとも参考にしてもらえると思います♪

 

メバリングに必要なラインの特徴とは

 

メバリングに必要となるラインの特徴ですが、そもそも1g以下のジグヘッドを使用するため細糸を使用することなります。

超軽量ジグヘッドを扱うことになるので、1gのルアーを遠投できる操作性は必須で、万が一の大物が掛かった時の耐久性があるとなおよし!です。

自分が特にメバリング用ラインに求めている性能は下記になります。

 

メバリングラインに求める性能
  1. 細糸でもラインの操作性に優れる
  2. 繊細なアタリを捉える高感度
  3. 大物が掛かっても取り込める強度
  4. 比重・浮力の違い

 

細糸でもラインの操作性に優れる

dsc00849

 

「ラインの操作性」は特に慣れていない初心者ほど重要で、操作性が悪いと釣りの快適性が大きく下がってしまい、釣果に直結します!

アジングなど超軽量ルアーを使う釣りは全て同じですが、どうしても風に煽られたりするとトラブルが発生して、釣りにならなくなってしまいます。

ラインの素材ごとに使いやすさは大きく変わってくるんですが、トラブルレスという点でいうと「ナイロンライン」が最強です。

 

繊細なアタリを捉える高感度

 

超軽量ルアーを使用するメバリングで釣果をアップするためには、どれだけ海中の様子を把握し、小さなアタリを捉えるか・・・!が重要になってきます。

慣れないうちだと軽量ルアーを使っていても「何をやってるかわからん!」となりがちですが、高感度ラインを使うと「潮の流れ・底の状態・小さなアタリ」が一気にわかるようになります。

感度の高いラインを使うと、水深のあるエリアで1g程度のルアーを使い、しっかりボトムを取って底の起伏を把握し、魚の溜まっている場所を探し出す!までを実現できます。

他のラインの中でも「フロロ・PEライン」は感度が高く、しっかり海中の様子を把握できます。

 

大物が掛かっても取り込める強度

小物狙いのメバリングをしていても、不意に「ギュイーーーーン!」とドラグを鳴らしながら大物がヒットすることがあります。外道が多いですが、大型メバルがヒットすることも!

軽量ルアーを投げるために細糸を使うとはいえ、一定の強度があれば多少の大物でもキャッチできるようになります。メバルはサイズの割に引きが強め。

「基本は小物しか釣らない!」のであれば通常の細糸で問題ありませんが、特に大物狙いの場合は太めのラインを使用するか、特に強度の高い「PEライン」を使っています。

 

比重・浮力の違い

 

最後に重要になるのが、ラインの「比重・浮力」。素材ごとに変わってくるんですが、これは一概にこのラインが良い!とはいえなくて、用途で使い分ける形になります。

「PE>ナイロン>フロロ」という順番で比重が重くなっていき、表層を狙う場合は軽いライン、ボトムを中心に狙う場合は重めのラインが使いやすいです。

メバリングの場合、特にナイトゲームでは表層に浮いている魚が多いため、比重が軽いラインのほうがいい・・・と一般的には言われています。一般的にはね。

 

しかし!自分が普段釣りをしているホームグラウンドでは、ナイトゲームであってもボトム周辺で釣れます。水温によっても変わりますが、ボトムを探れば何らかの反応があるんです。

逆に遠浅エリアで「フロートリグ」などを使って浅場を中心に狙う場合、強度が非常に強く浮力の高い「PEライン」がメインで使われます。

ポイントによる・・・と言ったら元も子もありませんが、素材によって比重・浮力が違うという点さえ覚えてもらえればOKです!

 

ライン素材別の特徴とおすすめ製品について

次に、ラインの素材別に特徴とおすすめするシチュエーション、信頼できるラインについて解説していきます!

「どれか一つがいい!」ということはなくて、使い分けることであらゆる状況に対応できるようになります。今のところ、全てを兼ね備えた最強のラインは存在しません^^;

 釣り用ラインの一種である「エステルライン」については、メバリングに向いてないため解説を省いています。

 

ナイロンライン

操作性 比重 感度 強度 価格
★★★★★ ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★

 

釣り用ラインの中では最も一般的な素材で、操作性が高く伸びがいいラインです。浮力が高く、メバルが表層にいるときには活躍します。

価格も安いので、初めてのメバリングにはおすすめ!逆に伸びが良すぎるので、アタリがあってもラインが伸びて感度は悪くなります。

特にトラブルレスなので、慣れるまではナイロンラインでチャレンジしてみて、不満を感じれば必要な性能を備えた素材に乗り換えるのが一番いいですね。

 

 

フロロカーボン

操作性 比重 感度 強度 価格
★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆

 

比重が重く、根ズレに対する強度が非常に高い「フロロカーボン」。感度・価格もそこそこ、メバルが底付近にいる場合は早く沈むため使いやすいのが特徴。

唯一で最大の欠点は、ラインが固いため使っているうちにヨレてしまい、トラブルが連発すること!ある程度慣れれば大丈夫ですが、初心者のうちはトラブル連発していました。

必要な性能は十分備えているのに操作性が極端に悪いライン、という感じですね!性能は高いので、最終的にフロロに落ち着くことになるでしょう。

 

 

PEライン

操作性 比重 感度 強度 価格
★★★☆☆ ★☆☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★☆☆☆☆

 

他のラインと違って、複数のラインを撚り合わせて作られた「PEライン」は同じ太さでも非常に強度が高く、尺メバル(30cm)狙いには必須と言っても過言ではありません!

浮力が他の素材と比べて最も高く、フロートリグなど重量のあるルアーを投げると、条件によっては100m程度遠投することも可能!

強度・細さという本来相反する性質を持つ素晴らしい素材ですが、フロロと同様に操作性が悪いのがデメリット。特に軽量ルアーを使っているとトラブルを連発します。

細いPEラインは製造が難しいため価格が跳ね上がるのもデメリットで、150mで5000円以上する製品もあります。ただ、他のラインに比べて寿命は長め。

最初からPEラインを使う必要はありませんが、本来狙えない沖のエリアも探れるようになるため、選択肢として考えておいて損はありません!

 

 

結局、メバリングではどのラインを使えばいいの?

 

メバリングに向いているラインを3種類紹介してきましたが、全てに特化した万能ラインがないので「結局、どの素材を使えばいいのさ?」と気になりますよね。

個人的には、まず入門用に選ぶなら「ナイロンライン」を、次に感度・強度・比重などに不満が出てくれば「フロロカーボン」をおすすめしますね!

PEラインについては特殊な釣り方をしない限りは必要ないので、最初は考えなくてもOKです。ちなみに同じメーカーでも強度が変わってくるので、ジックリ調べて選びましょう。

例えば、同じフロロカーボン・PEラインでもナイロンラインに近い操作性を実現したものもあるので、気になれば色々と試してみることをおすすめします。

 

おわりに

というわけで、今回は「メバリングにおすすめのライン」を特徴ごとに全て紹介してみました!

ロッドやリール同様、ライン選択は正解がないので、色々と試してみて納得できるラインを見つけることが重要になります。

不満なものばかり使っていても、ある日しっくり来るラインを見つけたときは快感ですよ!「やっとこのラインに出会えた!」と嬉しくなります。

 

▼メバリング初心者が最初の1匹を釣るコツについては、下記の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

メバリング入門!初心者が最初の1匹を釣るためのコツ・タックルの揃え方を徹底解説!
2017.12.17
繊細なタックルを使い、他のルアーターゲットが釣れない冬の時期に釣り人を癒やしてくれる「メバリング」。初心者でも簡単に釣ることができ、気軽に入門できます! サイズの割に意外とパワーが強く、様々な攻略方法があるのでハマりやすいです!食べても美味しい高級魚なので、立派なおみやげにもなります。 今回は、これ...…
メバリングの関連記事
  • 初心者から中級者まで!メバリング用ロッドの選び方と本当におすすめ製品まとめ
  • 間違いない!メバリング用のおすすめルアー・ワーム・仕掛け色々まとめ
  • 初心者におすすめのメバリング用リールとは?選ぶ方と使えるリールまとめ
  • メバリング入門!初心者が最初の1匹を釣るためのコツ・タックルの揃え方を徹底解説!
  • 【決定版】メバリングにおすすめラインとは?フロロ・ナイロン・PE徹底比較!
  • メバリング・アジに最適なビククーラー「アジングバック」を使ってみた!
釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • ルアー釣りの基礎知識
    スピニングリールの基礎知識!各部パーツの説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月25日
  • ロックフィッシュ
    初心者のための「ロックフィッシュゲーム」完全攻略マニュアル!釣り方を徹底解説!
    2017年12月25日
  • ショアジギング
    ショアジギング徹底攻略マニュアル!タックル選び方から青物をヒットまでの全手順
    2017年12月17日
  • ルアー釣りの基礎知識
    ルアー用ロッドの基礎知識!各部説明・使い方・選び方まとめ
    2017年8月23日
  • 関西の釣り場紹介
    【完全網羅版】兵庫県で釣りするならココ!おすすめの釣り場スポット22選を解説
    2017年12月14日
  • オクトパッシング
    堤防からタコ釣り!「タコジグ」で岸壁を狙う方法とタックル解説
    2017年6月30日
  • メバリング
    メバリング入門!初心者が最初の1匹を釣るためのコツ・タックルの揃え方を徹底解説!
    2017年12月17日
  • ルアー釣りの基礎知識
    【堤防釣り】ルアー釣りの基本マニュアル!これさえ読めば全てわかる
    2017年7月31日
  • 釣りの豆知識・雑学
    釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」が超おすすめ
    2017年10月29日
  • チニング
    ”チニング”徹底攻略!クロダイ(黒鯛)をルアーで釣り上げるコツとタックル総まとめ
    2017年6月4日
おすすめの記事