阪神間の釣り場はどこも混雑しがちですが、その中でも意外と穴場な釣り場が「甲子園浜」。西宮・尼崎から気軽にアクセス可能です。

メイン釣り場のサーフエリアはスズキ・クロダイなど汽水域を好む魚が良く釣れ、南面のベランダエリアでは青物・タチウオなどの魚を狙えます!

夏以降のハイシーズンでも意外と釣り人が集まらず、地元の人が中心なのでゆっくり釣りを楽しめますよ。

 

ルアー釣り
エサ釣り
ファミリー向け
トイレ 徒歩15分
釣具店 なし
駐車場 あり

甲子園浜の釣りポイント

 

甲子園浜では一部「釣り禁止」に指定された区画があり、工場等が多い関係で立ち入り禁止区間もあるので要注意。それ意外では竿を出すことが可能。

埋め立て地へと渡った先にある「サーフ(砂浜)」と、南面の「甲子園浜ベランダ」が主要な釣りポイントになります。

残念ながらベランダへと至る道路は侵入禁止になっているため、手前の駐車場から歩く形になります。わかりづらいので紹介しておきますね。

 

 

地図上の道路を通ってアクセスすることができないため、サーフエリアの駐車場から阪神高速横を通り、徒歩で護岸沿いを歩いてアクセスします。

ベランダまで歩くと15分ほどかかるため、軽装で移動することをおすすめします。

 

砂浜横の石畳エリア

 

甲子園浜へと架かる唯一の橋を渡った先にある、石畳エリア。周辺には障害物が多く、汽水域を好むクロダイ・キビレ・シーバスがよくヒットします。

石畳のキワに魚がついていることが多いんですが、満潮時には水没するため苔が発生しており、通常の靴だと滑ってしまって危険。

ルアー釣りでも狙えますが、石畳のキワを探れる電気ウキ釣りのほうが向いているかも。

 

 

橋の下は唯一一人分の足場があるため、沖へと遠投できます。いかにもクロダイ・キビレ類がヒットしそうな雰囲気がムンムンしますね!

 

砂浜(サーフ)エリア

 

甲子園浜を代表する、広大な砂浜エリア。休日にはウインドサーフィンを楽しむ人や、手前の公園でBBQをする人も多いです。

水深は非常に浅く、一見すると何も釣れないように見えますが、実は手前にクロダイ・キビレがうようよいます。夜間なら目の前でヒットすることも。

夏場は水上スキーがブイブイいわしていることもあって、釣りにならないかも。釣行するなら仕事終わりなど、平日がおすすめ。

 

 

全域で魚が釣れますが、阪神高速側(東側)のほうが実績が高いです。夏場はウエーダーを着用して、立ち入って釣りをする人もいます。

 

 

潮が引くとあちこちにカニの巣があり、ひっくり返すと大量に出現します。これらの生物を追って、クロダイ・キビレが浅場まで差しているのでしょう。

ファミリーで来ても面白そうですが、ヘドロも多く混じっており、臭いがついてしまうので要注意です。

 

阪神高速周辺の石畳エリア

 

甲子園浜の砂浜を東へ進むと、阪神高速・国道の真下へと出ます。先端まで石畳が続いており、先ほどと同様クロダイ・キビレなどの魚を釣り上げることが可能。

個人的にこの周辺で釣りをしたことはないんですが、阪神高速の橋脚周辺を狙うといいサイズのシーバスが釣れそうです。

 

 

阪神高速を通過し、護岸をひたすらまっすぐ進むと甲子園浜ベランダへと到着します。想像以上に距離があるので、自転車でのアクセスがおすすめです。

 

 

15分ほど歩くと、やっとベランダの西端が見えました。

 

甲子園浜ベランダエリア

 

甲子園浜の南面にあるベランダエリア。沖向きに張り出しているため、アジ・イワシなどの小魚から晩秋以降はタチウオ・青物を釣り上げることが可能。

周囲には「西宮ケーソン・南芦屋浜」などのメジャースポットが点在していますが、甲子園浜は比較的マイナーなので混雑しづらいのが最大のメリット。

一応柵も設置されているので安全かと思いきや、大半が朽ちているため、ほとんど意味をなしていません。

 

 

沖向きに投げるのはもちろんのこと、岸壁沿いにもたくさん魚がついているので、落とし込み釣りなどでクロダイを狙うと手堅い釣果を得られそうです。

 

甲子園浜の設備・アクセス情報

アクセス方法・駐車場の有無

 

甲子園浜へは、海岸線近くにある43号線を通り、阪神高速の西宮インター北を南へと進んでアクセスします。車よりも自転車でのアクセスがおすすめ。

 

 

釣り場の周囲には駐車場のほか、自販機・トイレなど設備は一通り充実しているので、現地で困ることは得にありません。

ただし駐車場には時間制限があり、午後9時になると閉鎖されてしまうので注意。

 

甲子園浜の釣り禁止場所

 

埋立地である「南甲子園浜」が主要な釣り場となりますが、手前には浜甲子園の干潟が存在します。

海中に大きいゴロタや崩れた堤防が点在していて、干潮時には色々な生き物と触れ合えるので、地元の方の憩いの場となっています。

干潟周辺は「国指定鳥獣保護区」に指定されており、鳥獣類を保護するために特定の時期(4・5月)に立ち入り禁止で、釣りは基本的にNG!なようです。

 

>>> 国指定浜甲子園鳥獣保護区での干潟の再生について(PDF書類)

 

砂浜の途中から鳥獣保護区に指定されているらしく、記事内で紹介した場所以外は釣り禁止の可能性があるので、要注意です。

 

おわりに

▼兵庫県内で釣りができるスポットを下記に全てまとめてみました!

スポンサードリンク
釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事