100g超のメタルジグを大遠投するショアジギングでは、剛性のある専用ロッドが必須!大型青物が相手になるので、必然的に耐久性が必要となり中級ロッド以上じゃないと不安を感じます。

最近では各メーカーから様々なショアジギング専用ロッドが発売されていますが、特に使用者が多く価格帯も手頃な「シマノ コルトスナイパー icon-external-link 」を購入!

小型青物から沖磯等でのロックショアまで様々なシチュエーションで使えるよう、複数の番手があり性能も高いため上級者でも使用する優秀なロッドです!

というわけで、今回はショアジギング入門には定番となっている中級機種「シマノ コルトスナイパーS1000H」の実釣レビューをお届けしたいと思います!

 

シマノ 無印コルトスナイパーのスペック

コルトスナイパー S1000Hの基本スペック

 

今回はコルトスナイパー含めショアジギング専用タックルを一式揃えたので、我慢できず早速釣り場へと持ってきてしまいました。(笑)

過去に複数回モデルチェンジされており、最新のコルトスナイパーは「ハイパワーX」「スパイラルX」とシマノ独自のブランクス強化機構が採用されていて、重量のあるジグもブレずに振り抜けるように

価格はネットショップ利用で2万5千円ほど。実店舗のほうが高く、ネットだと定価から1万円割引で購入できました。

それでは、コルトスナイパーS1000Hの基本スペックを見ていきましょう!

 

 

ライトショアジギングで活躍する9ftのMサイズから、最も剛性の高い10ftのHまでまで複数のラインナップがあり様々なシチュエーションで利用できるのが一つの特徴。

シマノのショアジギング専用ロッドは表記よりもやや柔らかめで、S1000Hの場合はMAX100gとなっていますが、ギリギリフルキャストできる・・・といった程度。80gが最も扱いやすいです。

上位モデルの「コルトスナイパー エクスチューン」ではMAX120g〜150gの固さが中心なので、大型ヒラマサ・カンパチ狙いなど剛性が求められる場合はこちらを選んだほうが無難。

 

 

追加モデルで3ピースバージョンも発売されていて、持ち運びが簡単になっています。10ftモデルで2ピースだと、仕舞寸法が160cmもあるため持ち運びが大変なのでこちらもおすすめ。

さらに「S1000XH」とコルトスナイパーでは最もパワーのあるモデルも追加されており、最大で120gまで背負うことができます。100g程度のジグをメインで使うなら、XHが最適ですね。

次に、コルトスナイパーの最も優れた特徴である、シマノ独自の「ハイパワーX」「スパイラルX」を組み合わせたブレの少ないブランクスについて解説していきます!

 

「ハイパワーX」「スパイラルX」の強化ブランクス

 

ショアジギングで100m以上遠投するためには、80g〜100g程度の重量をロッドに乗せて確実に曲げつつ、反動でぶれないブランクスパワーが必要となります。

「ハイパワーX」「スパイラルX」はカーボンシートを3層構造で緊密に巻き、かつ表面をX状に巻きつけることで強化をはかっていて、実際に投げると一切ブレず「シュパーン!」と弾丸のごとくジグが飛んでゆきます。

実際に他のロッドと投げ比べると、ブランクスのキレが一目瞭然に分かるほど。ただカーボンを使用しただけだと、重量級ジグの重さに耐えられず大きなブレが発生するんですよね。

 

 

あくまでブランクスを強化しているだけなので、ロッド全体が棒のような固さでないこともポイント。むしろ魚を掛けるとよーく曲がってくれます。

ブランクスのブレが多いロッドとは投げ方を変える必要があるので、最初は戸惑いますが慣れるとキレの良さがクセになります。ショアジギロッドの中で最も必要な特性といっても過言ではないですね!

例えば通常のシーバスロッドなんかだと、重量のあるジグを投げると反発でロッドがブレてジグの飛距離に影響が出ますが、このロッドは一気に振り抜いてもブレが発生しません。

 

1万円程度の低価格ロッドはブランクス強化構造を採用していないため、どうしても振り抜いたときにブレが発生して飛距離が落ちます。このあたりはさすがコルトスナイパー!と言った感じ。

 

他機種との比較

 

コルトスナイパー以外にも、2万円程度の価格帯で他メーカーからも入門用ロッドが発売されています。特に代表的なライバルとして上げられるのが、「ダイワ ジグキャスターMX」です。

こちらもダイワ独自のブランクス強化機構を採用しており、重いジグでも振り抜くことができます。リールに関してはシマノ製とダイワ製で明確な差があったんですが、ロッドに関してはほとんど好みです。(笑)

違いはダイワ社は表記よりも重めのジグも投げられることですね。シマノは表記の重量が限界でしたが、ダイワは表記以上も投げようと思えば投げられます。

 

デメリットとしてよく上げられるのが、セパレート(EVAの継ぎ目)の位置と長さがショアジギには合わず、上手くグリップできないこと。

ライトルアーだと、セパレートがあると軽量になりキャストもしやすくなるんですが、ショアジギはジグのシャクリ時に脇で思い切り挟み込むため、ハッキリ言って無駄なんですよね。

コルトスナイパーはほぼ全体がEVAの仕様になっているので、確実にグリップすることができます。ショアジギは「投げ続けられるかどうかが釣果の境目」になるので、できれば仕様変更してほしいところ。

 

コルトスナイパーの実釣インプレ!

ルアーの遠投性能・ブランクスのパワー

 

実際にショアジギ専用タックルを持って、早速竿を出してみました!2ピースとはいえ仕舞寸法が160cm以上あるので、電車釣行だとちょっと移動が大変^^;

早速80gのジグをフルキャストしたところ、明らかにこれまで使っていたロッドと違ってキレがあることが判明!これが「ハイパワーX」「スパイラルX」の恩恵ですね。弾丸のごとくぶっ飛ばせます。

剛性を優先して軽量性は重視されていないので、同じ価格帯の「バイオマスターSW」と組み合わせると合計750g近くとなかなかの重量感。慣れていない初心者は戸惑うと思います。

 

普段から筋トレしていない男性だと、長時間のシャクリは厳しいもののそれほど力を入れずともジグを遠投できました。適度に手を抜きつつ、キャストを繰り返すのが良さそう。

実際にルアーの飛距離も計算しようと、PE3号使用・ジグ80gのフルキャストしたところ「微風追い風下で120mほど飛距離」が出ていました。(ラインカラーで飛距離を判断)

本格的なショアジギに慣れていない状態で、かつラインやや太めでこの飛距離なので悪くないのではないでしょうか!これなら沖でナブラが発生しても十分届きそう。

 

ロッドパワー・魚を掛けてからの曲がり方

 

飛距離に続いて、ショアジギロッドで重要となる「大型青物」とのやり取りについて紹介します。

早速ジグを遠投したところ、40cm程度のギリギリハマチサイズがヒット!合計で6匹ほど掛けたんですが、さすがシーバスロッドと違ってゴリ巻きでも全く問題なく寄せられました。

むしろハマチサイズだとパワーがありすぎて、堤防に寄せた段階では元気が余っていて暴れまくるほど。周囲に障害物がある・混雑している・・・などゴリ巻きしなくてもよい条件なら、シーバスロッドのほうが最適。

 

個人的にはまだコルトスナイパーで大型青物を掛けていませんが、「地磯でメーター近いヒラマサを掛けて十分取り込めた」という実績もあるので、対大型魚でも安心して使用できますね。

使用するルアー重量の制限はあっても、対GT(ロウニンアジ)やヨコワ(クロマグロの幼魚)を相手にしない限りパワー不足と感じることはなさそう。

唯一の問題は、ロッド側に耐久性はあっても同価格帯で耐えられるリールが少ないこと。

シマノ製だとバイオマスターSWは過酷な環境では破損するという話があるので、最低でも5万程度のツインパワーの使用が前提となります。もちろん堤防・サーフでの使用ならバイオでも全く問題ありません。

 

唯一の不満点

 

唯一の不満点は、ロッドエンドがただのEVAなこと。ショアジギロッドは雑な使い方をすることが多く、堤防ならまだしも磯でエンドを下にして置くと速攻で擦れて削れてしまいます。

他メーカーの上級ロッドだと、耐久性を向上させるために本革が組み合わされているものも。ロッドが長いと擦れる機会も多いので、何気に重要なポイントなんです。

ダイワの同価格帯ロッド、「ジグキャスターMX」なども同じ仕様なのでコストカットの理由から仕方ないポイントではあります。ただ、もし傷等を防止したいのであれば何かしらの処置はしたほうが良さそう。

 

結論:購入して満足か

 

コルトスナイパーを使用して10回ほどショアジギングに挑戦してみましたが、結論からいうと入門用ロッドとしては大満足でした!初心者でも確実に青物を仕留めることができます。

ショアジギでは最も出番の多い60g〜100gのジグを問題なく遠投でき、ブランクスパワーがあるので確実にジグを跳ねさせることができます。

耐久性に関しても一切不満がなく、唯一ロッドエンドのEVAだけが不満ですが、中級価格帯のロッドなので仕方がありません。

 

 

ちなみに、組み合わせるリールについては迷いましたが、同メーカー・同価格帯の「バイオマスターSW  6000HG」を選択しました。

半分樹脂製なので、剛性が必要なシチュエーションではやや不安を覚えますが基本的な性能については全く問題なし。巻き心地・ドラグ性能も良好で、入門用としては最適です。

両方揃えると5万円を越えてしまうので、初期投資は必要ですがその点に関しては性質上仕方ありません!これより下のグレードもありますが、ヒラマサなどまで視野にいれるとこの組み合わせが下限かと。

 

▼「16 バイオマスターSW 6000HG」の実釣インプレはこちら!

 

おわりに

というわけで、以上「シマノ コルトスナイパーS1000H」を購入し、実際の経験を通して実釣レビューをお届けしてみました!

ショアジギで使えるような剛性のあるリールは数が限られているですが、ロッドに関しては各メーカーから様々な特徴のものが発売されているので、色々と選ぶ余地があります。

ただ、入門用として使える2万円台以下のロッドはほとんど限られてしまうですよね^^; 本格的なロッドを購入しないのであれば、やはり「コルトスナイパー」が実績もあって無難かなと思います。

自分としては、やはり確実に使えるロッドを購入してよかったです!コルトスナイパー単体でも2万5千円程度するので、スペック等吟味しながら購入してみてください。

 

「コルトスナイパー S1000H」を購入するなら、実店舗よりネットのほうがお得 icon-external-link です。特に人気のロッドなので、売り切れる前に早めに購入することをおすすめします!

 

それでは!

 

 

▼ショアジギング専用ロッドの選び方とおすすめ製品についてはこちら!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事