ショアジギングは他のソルトルアーフィッシングと違って、大物を狙う前提だと高級タックルの剛性が必須となり、ある程度まとまった初期投資が必要になります。

ステラ・ソルティガなど最上級のリールを始めいくつか機種がありますが、できれば初期投資を抑えつつ大型青物を狙いたい!

そんな釣り人にとって「バイオマスター」は2万円前後と手頃な価格で購入でき、必要な性能も備えた貴重なリールです!地磯・沖磯などの釣りでは多少不安を覚えますが、堤防なら全く問題なし。

今回は、2016年に新しくリニューアルした「16 バイオマスターSW 6000HG」を実際に購入してショアジギングで使ってみたので、剛性・快適さなどの実釣レビューをお届けしたいと思います!

 

16 バイオマスターSWのスペック

NEWバイオマスターの基本スペック

 

こちらが新しく購入した「NEWバイオマスターSW 6000HG」!旧モデルと比べてデザインがよくなり、以前のような安物感が少なくなったように思います。高級感溢れるデザインですね!

発売されてから1年程度経過していたため、ネットショップ(Amazon)で2万円程度で購入できました。釣具屋だともう少し高い状態でしたが、ネットなら在庫も豊富で安価に購入できます。

まずはNEWバイオマスターの基本スペックについて見ていくことにしましょう。

 

 

以前は4000番・5000番・8000番・10000番というラインナップでしたが、16年に新しく6000番が登場&唯一リニューアルという不思議な形式で発表されました。

6000番のリールって、オフショアジギングにはパワー不足だし、ショアジギだと過酷なシチュエーションでは使えない微妙なモデルに思うんですが、近海ジギングや堤防からのショアジギにはちょうどいいんですよ。

PE3号が300m巻けるので、磯からのロックショアは不可にしても堤防・サーフ中心ならヒラマサ・カンパチも取り込み可能!自重は455gなので、300g前後のHモデルロッドにピッタリ合います。

 

旧モデルと比べて、一体何が変わったのか?大きいところは、新しくステラ・ツインパワーなど高級機種にも搭載された、「Xプロテクト」「Xシールド」を装備したことですね。

 

IPX8基準の防水性能

▲防水性能を向上させるため、「ハンドル逆転レバーすら取っ払った」という変態ぶり。(笑)

 

簡単に説明すると、「Xプロテクト」「Xシールド」は防水仕様を付与するもので、侵入経路を遮断・特殊グリスを使用することで飛躍的に防水性能を向上させていて、IPX8相当の防水性を発揮するらしい。

国際規格で定められていて、IPX7が「1mの水圧が掛かった状態で30分水没させても有害性が生じない」、IPX8は「さらに過酷な状態で継続的に水没させても問題なし」と相当な防水性能であることがわかります。

常にあらゆる部品がガチャガチャ動くスピニングリールで、IPX8の防水性って相当すごいですよね!特にショアジギなど過酷な状況において、水の進入で腐食することも多いので重要です。

 

 

実際、帰宅してから水道水をぶっかけて洗い流すときも、通常のリールだとドラグを締めていてもハンドル回転時に「あ、これ中に水分入ってるな」と独特の異音&通常とは違う巻き心地になります。

が、このバイオマスターは四方からどれだけ水を浴びせようが、全く巻き心地が変わらないんです!さすがに砂噛みさせるとマズイでしょうが、最悪海に水没させてもOKという最強仕様です。

特に磯での釣りでは非常に重要になるので、6000番以上の番手もフルリニューアルして搭載してほしいですね。

 

他機種との比較

 

新しくショアジギングを始めるとき、同じ2万円程度の中級機だとダイワの「ブラスト」が比較対象となります!自分は最初からバイオマスターを買おう!と思っていたので、即購入しちゃいましたが。(笑)

違いはオール金属ボディを採用しているので、剛性が非常に高いこと。一方、ダイワ独自の防水機能「マグシールド」は悪い評判が多く、単純な防水性能もバイオのほうが上です。

シマノで6000番だと、ダイワなら4000Hがちょうど同じサイズになるんですが、ブラストのほうが35g自重が軽い代わりにPE3号を250mしか巻けない・・・という違いがあります。

 

上級機種と同じで、シマノはドラグ性能・巻き心地などが優れている代わりに耐久性が低く、ダイワは剛性が非常に高い代わりに基本性能はやや劣る・・・という印象です。

とはいえ釣りにならない程度の性能差はないんで、あとは好みで決めるといいかと。自分はコルトスナイパーを使ってみたかったので、迷わずバイオを選びました。

 

バイオマスターの実釣インプレ!

巻き出し・ドラグの軽快さ

 

新しくショアジギングの道具一式を揃えたので、嬉しくなって早速釣行してきました!早速、このタックルを生かせる明石の激流エリアでジグを投げることに。

まず第一に回して思ったのが、「非常に巻き心地がスムーズ」だということ。ショアジギングではそれほど重要ではありませんが、回転時にゴリ感があるとストレスを感じます。

ツインパワーやステラも触っても、リールがゴツくて小型番手ほどシルキーさを感じなかったんですが、バイオマスターもぶっちゃけ大差なし。ハイギアモデルでしたが、巻き取りの重さも一切感じず。

 

 

ドラグ性能については大型魚を掛けてないのでなんともいえませんが、試しに緩めで設定していたところ早々にギリギリハマチサイズがヒット!

突っ込み時にもスムーズにドラグが出ていたので、あとはガチガチに締め込んだときも同じように動作してくれるかが気になりますね。この点については、後日大型魚を掛けてから追記したいと思います。

巻き心地・ドラグともにスムーズ、ゴリ感などは一切感じないので、思っていたよりも快適に使用できました。ショアジギングだと最低スペックになりますが、堤防から遊ぶ分には不足を感じませんでした。

 

ショアジギング使用時の剛性

 

続いて、最も重要な「剛性」について。とりあえず一日中シャクリまくる・・・という釣行を3回ほど続けましたが、初期と同じ状態で使い続けられています。

ただボディの半分は樹脂性のため、タックル自体の自重があるのでふとしたときにキズつきやすいのがデメリットかも。堤防に直置きしないようにしていたんですが、気づくとボディに2箇所ほどキズができてました。

軽量リールのように、思い切りドラグを回してベールがたわむ・・・ということはないので、大型魚を掛けてぶっ壊れるようなことは少ないでしょうが、落下時の破損がやや心配ですね。

 

結論:購入して満足か

 

購入してから数回使用した段階では、リールの価格以上に使い勝手が良かったので非常に満足です!ドラグ性能と糸巻量を考えても、対大型青物で十分使えます。

上級機種とくらべても重量的な差も少ないし、堤防・サーフからのショアジギングで必要な性能を全て満たしています。あとは金属ボディを好むかどうかでチョイスが変わってくるぐらい。

予算があるなら、あらゆるシチュエーションで使えるツインパワー以上のリールを選ぶほうがいいでしょう。ただバイオマスター2台分の価格が必要なので、入門用として購入するならバイオのほうがおすすめですね!

 

 

ちなみにバイオマスター6000番にあわせるなら、同じメーカーだと「コルトスナイパーS1000H」がピッタリでした。

これ以下だと糸巻量とルアー重量がマッチせず、さらに大きいとバランスが悪いためもう一つ大きい番手のほうがいいかと思います。

ぜひ、これからショアジギング入門したい!という方は購入してみてください。新しくツインパワー・ステラなどを購入しても、サブリールとしても十分活躍できる性能を秘めています。

 

▼「シマノ コルトスナイパーS1000H」の実釣インプレはこちら!

 

おわりに

というわけで、以上「16 バイオマスターSW 6000HG」を購入し、実際の経験を通して実釣レビューをお届けしてみました!

ライトショアジギングと比べると、剛性面を考えてそれほど気軽に挑むわけにはいかないショアジギング。

タックル選びには特に悩みますが、バイオマスターならシチュエーション次第では全く問題なく使えそうです。ただし、人によっては磯場やオフショアで無理に使った結果、破損したという声も聞きます。^^;

初心者ならそれほど過酷な使い方をしないと思うので、とりあえず入門用として購入し、必要に応じて上級機種を買い足すのが一番よさそうです。

 

ちなみに「16 バイオマスターSW」を購入するなら、実店舗よりネットのほうが数千円単位で安いのでおすすめ icon-external-link です。最近は徐々に価格が下がってきて、2万2千円程度で購入できます。(2017年8月20日現在)

 

それでは!

 

 

▼ショアジギング専用リールの選び方とおすすめ製品についてはこちら!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事