日本最大の明石海峡大橋の真下に釣り場を構える「アジュール舞子」。周辺の海域は非常に潮流が早く、あらゆる魚種が釣れることで有名です。

観光地としても人気ですが、全体に柵がある・公衆トイレや自販機など各種設備が整っているなど釣り場としても大人気!ファミリーフィッシングにも最適です。

明石の釣り場といえばこの場所!というぐらい有名ですし、どの時期に行っても釣り物に困らないため、ぜひ一度は竿を出してみてほしいです。

 

ルアー釣り
エサ釣り
ファミリー向け
トイレ あり
釣具店 なし
駐車場 あり

アジュール舞子の釣りポイント

 

アジュール舞子は釣り場全体が非常に広大で、ポイントによって釣れる魚が変わってきます。各釣り場でどのような特徴があるか、チェックしておきましょう。

青物・マダイ・アオリイカなど潮通しの良い環境を好む魚の場合、明石海峡下にあるメインベランダ、ベランダ東角、温泉裏のT字波止が主流となります。

サビキ釣り等で小魚をメインに狙う場合は、魚が逃げ込むアジュール舞子内のワンド、もしくは温泉裏のワンドだと手堅い釣果を得られますよ。

 

明石海峡大橋下ベランダ

 

アジュール舞子の中でも代表的な、明石海峡大橋下の正面ベランダ。高めの柵があり、転落防止になる一方で子どもには高く、釣りづらい一面も

明石海峡を正面に構えるだけあって、潮流の速さは一級!ブリ・サワラなど大型青物を狙うことができますが、大潮になると潮流が早すぎて釣りになりません!

投げ釣りで大型カレイなどの実績も高いんですが、潮が流れ出すと釣れなくなるため、これだけ潮流が早い場所になると「潮止まり」が一番の時合になります。

 

 

明石海峡大橋の真下で竿を出せば、雨が降っていても防げる全天候型の釣り場に。ただし風が吹けば、思いっきり吹き込むためビショビショになりますw

手前の水深は5m程度ですが、30m先にカケアガリがあり、大型船舶が頻繁に行き来するだけあって水深10m〜20mと一気に深くなります。

カケアガリ以降は小魚が溜まるためヒットする確率も上がりますが、一気に潮の流れが早くなるため、最低でも80gのルアー・オモリが必須となります。

 

 

アジュール舞子で釣りをするときの注意点として、正面ベランダの奥行きがないため少し長めの竿だと振りかぶって投げることができず、遠投しづらくなります。

また海面までの距離が長く、大型魚を取り込むには5m以上の玉網が必須となります。引き潮時には6mの玉網がないと大型魚を取り込めなくなるので、要注意!

 

 

 

護岸際はスリットになっていて、中にチヌ・スズキなどの魚が潜んでいます。アジュール舞子は特に足元周辺に魚がたくさん付いているので、狙い目です。

 

 

メインベランダの西角。周辺は足元に障害物が多くて非常に根掛かりしやすいんですが、上手く攻略すれば大型のアコウまで狙えてしまいます。

他にも、夏の夜サバ、冬の大型サヨリ、大型マダイなどここでしか釣れない魚も多く、釣果情報が流れ出すと入れないほど混雑するので、早めに場所取りをしておきましょう!

 

 

メインベランダの東角。奥にワンドがあって小魚が逃げ込むため、大型青物の実績が高いです。ハイシーズンの土日になると、夜中の2時着でもポイントに入れません。

他にも、アジ・イワシ・サバ・サヨリなどの小魚はもちろんのこと、アオリイカ・タコの実績も高く様々な魚種が狙えます。

アジュール舞子のなかでも1級ポイントになるので、シーズンに場所取りできたらかなりラッキー。ぜひ、長めに粘って釣りをしたいところ。

 

アジュール舞子ワンド

 

メインベランダの激流とは対照的に、潮の流れがゆるむアジュール舞子内のワンドエリア。サビキ釣りでのアジ・イワシ・サヨリなどの実績が高いです。

サビキ釣り・カレイやキス狙いの投げ釣りから始まり、秋のアオリイカなどの実績も手堅いです。釣りをする場所に困ったら、ぜひワンド内で竿を出しましょう。

台風など外海が大荒れした場合、ワンド内に思わぬ巨大魚が侵入してくる可能性があるので、悪天候時にはワンド内もチェックしておきましょう。

 

 

ワンドの形状的に遠投すると確実に周囲とお祭りしてしまいますが、基本的に投げなくても釣れるので、足元に落とすだけでOK。

周囲にはトイレ・自販機などの設備も整っているので、ファミリーフィッシングならワンド一択となります。

 

ベランダ東角

 

ワンドをさらに東へ進むと、メインベランダと東角エリアへと出ます。こちらも非常に潮流が早く、少し目立ちづらい位置にあるので混雑しづらいのが特徴。

JR舞子駅・駐車場から少し歩きますが、青物・アオリイカ狙いならメインベランダ同様、竿を出してみたいポイントですね。

 

アジュール舞子サーフ(海水浴場)

 

アジュール舞子内に設置されている、海水浴場。夏場は海水浴客で混雑するので釣りはNGですが、夏以外のオフシーズンなら竿を出すことができます。

夏場のキス・冬・春のカレイを狙っての投げ釣りで意外にも実績が高く、正面にある一文字周辺が潮流で深くなっているので、際に投げ入れれば手堅い釣果を得られます。

砂浜で釣りをする人は少ないため、ゆっくり釣りができます。ファミリーフィッシングにもおすすめです。

 

太平のゆ前ワンド・T字波止

 

「太平のゆ」という温泉の裏側にあることから、「温泉裏」という愛称で親しまれているポイント。アジュール舞子とは異なりますが、隣接しているので紹介しておきます。

堤防周辺のワンドがメイン釣り場となり、アジ・イワシなど小魚が積極的に入り込んでくるため、サビキ釣りでの実績が高いです。

入り口が狭くなっており、小魚が逃げ込みやすく一度群れが入るとグルグルと中で回るので、上手くタイミングをあわせれば数百匹以上を釣り上げることも可能!

 

温泉裏のワンドと、外向きのT字型堤防。秋のシーズンになると、これらの小魚を追って大型魚が入ってくるため、ルアーやノマセ釣りでの実績も高いです。

秋以降はアジュール舞子のワンドより釣果が上がることもありますが、こちらも大変混雑する上、釣り場自体はそれほど広くないので早めの場所取りが必須に。

この場所は入り口にフェンスがあり、夜間の23時〜6時まで閉鎖されているんですが、釣果情報が流れると無断侵入する人も出るほど釣り人でごった返す人気ポイントとなります。

 

 

T字波止を横から撮影。潮流が早く、青物のシーズンになるとたくさんの釣り人が並びます。ただしスペースが狭いため、深夜段階から並ばないと場所取りできません。

 

 

温泉裏ワンドの東角エリア。最も沖へ突き出ている一級ポイントとなりますが、先端は一人分のスペースしかないため取り合いになります。

目の前には沖堤防の「垂水一文字」があり、水道状になっているため常時激流状態に!最低でも80g以上のルアー・オモリを使わなければ、簡単に流されてしまいます。

青物狙いなら場所取りでとにかく消耗してしまうので、ゆっくりと大型青物を狙いたい場合は渡船代を払って沖堤防に渡るほうがおすすめです。

 

▼垂水一文字のポイント情報は下記にまとめています。

 

アジュール舞子周辺の設備・アクセス紹介

アジュール舞子の設備紹介:トイレ

 

アジュール舞子の周囲には3箇所ほどトイレがあって、特に良く使うのがワンド裏にある公衆トイレ。キレイに清掃されていて、安心して使えます。

周辺にはコンビニや自販機などの設備も充実しているので、特に困ることはありません。女性や子どもでも安心して釣りができます。

 

アクセス方法・駐車場の有無

 

アジュール舞子は明石海峡大橋の真下にあるので、車でアクセスする場合は橋を目指して進めばOK。特に迷うことはありません。

電車の場合は、JR舞子駅から徒歩3分ほどで釣り場へと移動できます。サクッと竿を出せるので、電車釣行にもおすすめの釣り場です。

周辺には数ヶ所駐車場があり、明石海峡大橋真下の駐車場が最も便利。1時間200円で利用できますが、8時30分〜21時30分までと時間が限られているので注意。

 

大橋下の駐車場は小型と大型バス用と分かれているので、その点だけ注意

 

おわりに

▼兵庫県内で釣りができるスポットを下記に全てまとめてみました!

釣り人必見!1ヶ月無料で釣り雑誌&入門書が読み放題になる「Kindle unlimited」

ネットショップのAmazonが展開する「Kindle unlimited」を使えば、月額980円で合計17万冊以上の本が読み放題になります!有名釣り雑誌も多数読み放題の対象になっています。

しかも!最初の30日間は無料で利用できるので、1ヶ月間お試しで釣り雑誌・入門書を読みまくることも可能!

おすすめの記事